もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

突発性難聴(7) ぶり返しか?

調子に乗りすぎてたのかもしれません。
自業自得と言われたら反論の余地はございません。

また、ステロイドの投薬に戻りました(汗)。

水曜日までステロイドを飲んでいて、水曜は例のコンサート。
コンサートはマイク、スピーカーを使うものでしたが、オケの編成は10人前後。
シンセサイザー以外はストリングスはアコースティック。管楽器も少ない歌がメインのコンサート。
聞えの違和感も何もなく、楽しく過ごして帰宅しました。

コンサート会場まではちょっとした旅だったし、同じ日に夫は午前様だったので水曜は就寝時間がとても遅くなったのは事実。

木曜日は朝いちでお仕事。
午後から入院する方の病院にまた用事があって行って来て、その後、入院準備の買い物をしたり、マッサージを受けたりの一日でした。
マッサージの人が言うには左の肩の凝りは、筋肉が無意識に緊張してるからとのこと。
意識して力を抜いて、って。
耳がおかしいから肩に力が入るのか、肩に力が入りすぎだから耳がおかしくなったのか……どうなのでしょう。
この日からステロイドは無し。

金曜日は夫も私も休日。基本、自宅でほとんどすごしていましたが、原稿書きの仕事を仕上げたり、ストレッチのプログラムに出るのにジムに小一時間お出かけ。
ジムではストレッチポールを使ったストレッチとジョーバ10分とお風呂だけ。
左肩が張ったままだったのですが、ポールから降りた時のコンディションの変化は久しぶりに画期的なものがありました。
でも、なんだか耳の閉塞感がちょっとぶり返してきた様な気配はしていました。

土曜日の朝、いよいよ閉塞感が強まってるし、どうも聞えも変。
だけど、実はこの日がもう一つのコンサート(ジャズライブ)の日。しかも、また東京(汗)。
本当は行かないのが一番いいのは判ってるけど、夫もすごく楽しみにしていたのだから、ここでドタキャンするのは忍びない。
お世話になっている耳鼻科が駅前なのをこれ幸いと、電車に乗る前に診察を受けることに。

聴力検査の結果、やっぱり悪い方に戻ってるとのこと。今回はグラフは見てないけど、やっぱり低音だけだと思います。
先生に
「なんでもどっちゃったかな?何かした?」
と言われて、東京にコンサートに行きました、今からも行きます、なんて言えるはずはありません(爆)。ひたすらすっとぼけ。

ともかく、もう一度ステロイドを飲むことに。朝晩の2回です。
薬局で、薬剤師さんに朝食後3時間過ぎてるけど、朝の分をこれから飲んでも大丈夫か聞いたら、早く飲んだ方が楽になるだろから、たっぷりの水で飲めば大丈夫だよ、と言われたので、電車に乗る前に服用。
電車の車内では左耳にだけ耳栓を入れて、少しお昼寝タイム。

東京についた頃には閉塞感は薄れてきてたけど、声が響くような建物に入ると、耳が少し違和感を覚えました。ランチをとったレストランがそんな感じの場所だったので、途中からまた耳栓をしてました。

で、問題のジャズライブは夜だったのですが、この頃には薬の効果か閉塞感はそれほど気にならなくなってました。
トランペットを中心にしたライブ演奏は小一時間。
聞えには何ら問題もなく、耳が痛いとかも何にもなく、しっかり満喫(汗)。

まぁ、痛くないから耳がつかれてないかと言えば、それは別なのかもしれませんが……
でもね、つくづく自分の耳がゲンキンなことに苦笑。
家でも、夫がバロックとかをスピーカーから流してても、それは全然違和感なく聞けちゃうのです。
でもTVの人の声や建物の中でガヤガヤと響く人の声とかはわずかだけど変なんですよ。人の声って、いろんな音から出来てるんでしょうね。あとTVって無駄に音楽がついてたりするでしょ。
純粋な音楽で、どちらかと言えば高音域なら聞えている部分なので違和感ないんですよ。

聞きたいものは聞けるらしいです、私の耳w

ってことでNo music, No hearing.(音楽が無ければ聴覚もない!)

ああ、医者泣かせの患者ですね。はい、反省してます。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-25 10:29 | Health