もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

突発性難聴(9) 完全回復かな

前回の診察から1週間ちょっと経ちました。
ステロイドをストップして、血流改善の薬だけになって1週間。まだ少し血流の薬は残っています。

朝晩の一日2回の服用なのですが、違和感を感じることもほとんどなくて、その日はスケジュールがいつもと違ったせいもあって、ついつい朝は薬を飲み忘れてしまいました。

とあるサークルの仲間とお出かけ予定だったのですが、待ち合わせの駅のコンコースがやけに音が響く場所で、そこでなんか耳がわんわんと感じた時に「あ、しまった今朝薬を飲み忘れた!」ってことに気が付きました。

その後も、室内でちょっと違和感を感じることがあったのですが、開放的な空間や屋外では全然平気だったので、薬を飲み忘れていたから、と言うよりは、音の響きがおかしな場所が以前より苦手になっているだけのようでした。

この日の夜からはまたちゃんと規則正しく薬も飲んで、聞えの低下を感じることははありません。
時々、気に入らない音がすることはあるけど、それも許容の範囲。

このまま、4日後の膝のための入院まで残っている薬を飲んで、それで終了ってことになりそうです。異常が無ければもう診察も受けなくて良いみたいだったし。

膝の手術では約1週間の入院が予定されています。ちょうどよい安静のだめ押し(←使い方を間違ってるような?)になるだろうと思っていました。


で、途中、膝の手術と入院に関してはまた改めて別エントリーでこれまた情報を探している人が居るかもしれないので残すことにしますが、先週、その入院からも無事に退院。
入院中にふと気がつけば、耳の違和感は全くと言っていいほど解消していました。
入院直前までは頭を動かした時に、耳の奥で水が入っているような詰まったような感じが残っていたのですが、それもすっきり無くなりました。
安静が良かったのか、耳のことなんか気にしているヒマがなかった(暇はヒマだったけど)のが良かったのか判らないし、実際には聴力測定はしていないので、完全に聴力が元通りなのかは数値的には判りませんが、でも自分の感覚としては完治!卒業!って感じです。

薬を服用した期間が発症から1ヶ月間。
症状を感じなくなったのがその後1週間後と言ったところでしょうか。

最後の薬をもらってからは受診していないので、コンサートやヘッドホンなどの禁止令がいつで解除だったのかは判りませんが、入院生活の後半ではさすがに退屈しのぎの音楽を聴くのにポータブルプレーヤーを使ってしまいました。ただしボリュームはいつも電車などで聞く時の1/4のレベル。もっとも周囲がエアコンの音しかしないような場所だし、ノイズキャンセラーとエアコンの音はものすごく相性が良くて、効果抜群だったので大きな音にする必要が全くなかったのですが。
長時間イヤホンを入れたまま、ついつい眠ってしまった後はちょっと耳に不快感があったけど、難聴のせいってよりはそれは装着のしすぎでしょう。

退院後はせっかくの夏休みが家事と病院の往復になってしまった夫となにか楽しみを!と思い(とはいえ、膝の手術の影響で徒歩での遠出は不可)映画を見に行ってきました。
正直、耳に関して不安はあったし、実際見終わった後は少し耳に不快感があったけど、でも、それも一晩すれば消失していました。
そろそろ耳のことは気にしないで日常を過ごすのが良い時期のようです。

ってことで「突発性難聴」の話はこれで終わり。

うん、終わりのハズと信じています。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-26 09:49 | Health