もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

長い散歩

今日は午前中からちょっと長めの散歩というか、偵察に出ていました。
なんとその歩数18000!

まずは、実家に向かったのですが、その途中で幼馴染の実家に立ち寄りました。
幼馴染本人は今はすっかり東京のお人です。
お父様は私たちが中学に入ってすぐに亡くなられているので、今はお家にはお母さまがお一人で暮らしています。

一応、電話での連絡はついているのですが、今、私たちの町は東京との往き来はちょっと面倒になっていますから、彼女も簡単には帰ってこられないし、お母様もおいそれと東京に向かうこともできません。

話は少しそれますが、昨日、地元のサークルのお友達と電話で話をしました。
その人には東京で社会人になりたての息子さんが居るんだけど、なにせあの震災以来、こっちはライフラインが切れているので連絡が出来ない、向こうは、この町の情報がちっともTVで入らない。でも震度は6強って言ってる!って言うんで、心配で心配でたまらなくなっちゃって、やっと電話がつながったら、息子が被災地の母を慰めるって言うよりは、母親が「こっちは大丈夫だから」ってなだめないと「自転車ででも帰る!」と言い張る勢いだったそうです。

さすがにもうちょっと大人の私の幼馴染は自転車とは言いませんでしたが、私が電気が来るようになって彼女に送ったメールの返信で、心配のあまりに「いや、それはムリ、と思う」って方法をやっぱり考えていたと書いていました。

亡くなったお父様は私の父の同僚だったので、私の両親も気にかけてくれてはいるのですが、一応顔をだそうかなって。

このお母さまは英語が堪能な才媛で、とても垢ぬけていて、そして行動派で、子どもの頃からあこがれの女性の一人でした。
でも、友達が地元を離れてからはお母さまに合う機会はなかなかなかったのですが、それでも私の結婚の直前にはお宅に呼ばれて、これからの心構えなどをレクチャーしていただいたりと、とてもお世話になっています。

今回も、少し立ち話をしたところ、世界中から届くお見舞いのメールに返信を書くにのお忙しそうで、また、日本語を教えている生徒さんが帰国を望んでいたらそのお世話をして、さらに余った時間は英語のクロスワードパズルやらパズルやら……

やっぱり素敵な女性でした。
私も見習わなくちゃな。怖いよ、さびしいよ、っていつまでもネットにしがみついてないで、あれこれちゃんとしなくちゃいけませんわ。

さて、その後は実家によって、ちょっと荷物を置いてきて、更にそっから先に御用のある場所まで歩いて、用を済ませて、線路近くを通る時に、ちょっと覗きこんだら、地震で止まったまんまになってる電車の車両が見えました。
あ~、あれが片付かないと電車走って来てくれないよね……

それから、大きな電気屋さんに寄ってみると、さすがに電池の棚は空っぽ。
PCのコーナーは人がいない(あれ、でも壊れちゃった人といそうだけど……あ、持って帰るの大変か、ガソリンないから)。
電池コーナーはすっからかんのかん。あるのはボタン電池だけ。

パン焼き器がなぜか超特価になってた!
欲しい!!って思ったけど、持って帰れると思えないので断念。
あ、でも配達してもらえば良かったのか?落ち着いてからでいいからって。
でも夫にメールしたら「いや、やっぱり置き場所に困るでしょ」ってさ。

それから、もう1軒別な友達の実家に立ち寄った。
こっちは県内に居るんだけど、反対側だしやっぱりガソリン事情が悪いんで、おいそれとはこっちに来られない。
お父上のお顔をみて、ちょっとお話。このお父上は兄が高校受験の時に塾でお世話になった先生でもあるんだ。そんななので、兄の近況もちょっと伝えて失礼。

その後、ドラッグストアで切れそうになってたトイレットペーパーを買って、隣の酒屋で夫の「だれやめ」用のビールと私のノンアルコールビールも買って、もう一度実家に立ち寄って、父の相手をしながら少し時間を過ごして、それから帰宅。

そうそう、酒屋さんで半額になってたシャンパーニュ。この間、うちの夫が1本買った時はもう1本残ってたらしいけど、今日みたら無くなってた。
うちはまだとっとうとしてるけど、残りの1本の人はどうしたかな?
ライフライン全開通おめでとう!って祝杯挙げたかな?

ふ~、さすがに半日どころか一日仕事になっちゃった。今夜は熟睡かw
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-03-24 17:27 | Greeting