もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

1月の読書のまとめ

ちょっと久々にまとめを載せてみることに。

この冬休みは少し本を読むことに時間を使ったので、まぁまぁ読めたかな。
といっても実質2冊ですが(汗)。

これからはキンドルもあることだし、少しは読む量が増えるといいんだけどなぁ。
春休みは積読を少しでも解消したいとは思っています。

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1463ページ
ナイス数:29ナイス

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席カジュアル・ベイカンシー 突然の空席感想
Kindleで最初に購入した本はこれです。 正直、エンターテイメントな読書にはなりませんでした。狭い社会での複雑な人間関係を思うと、ページ数は決して多いとは言えないでしょう。 訴えたいことは、貧困と偏見がもたらす害とその影響が弱者である子供に全てのしかかる、と言ったことでしょうか? すでに書評とは言わないまでも情報が幾らかで初めて、あの『ハリー・ポッター』の作者の本、と言う思いでは受け止められない作品と言うことは知っていたけれど、何と言うか、これを全く無名の著者が書いたらどうなっていたのだろう?感じるとこ
読了日:1月19日 著者:J.K.ローリング
花よりも花の如く 11 (花とゆめCOMICS)花よりも花の如く 11 (花とゆめCOMICS)
読了日:1月18日 著者:成田美名子
光圀伝光圀伝感想
面白かった。不勉強なので「黄門」の名前の意味するところを始めて知った。地元なので地名や寺院などに心当たりがあるところがさらに楽しめた。 光圀が諸国漫遊はしなかったことは知っていたけれど、晩年に藩内をあちこち尋ねたときの様子はTVでおなじみの黄門様をほんのりと思わせるところは書き手のサービスだろうか?表紙の絵が本の中で生きて暴れまわる光圀にとてもあっていると思う。中盤、泰姫やさまざまな大切な人との出会い、そして別れはあまりにも悲しく涙が止まらなかった。
読了日:1月4日 著者:冲方 丁

読書メーター

[PR]
by a_bear_in_woods | 2013-02-04 23:57 | Books & Comic books