もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

8月の読書の記録

どれも面白かったし、役立つ本ばかりだったのですが、どうにもこうにも偏っているというか、ま、夏休みだってのにね(笑)。

もっとも休みじゃなければこういうのを読んでもいられない。

ちなみに数少ない娯楽系の本も、結局隠してキーワードは語学だな。

2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:854ページ
ナイス数:29ナイス

日本人の知らない日本語4  海外編日本人の知らない日本語4 海外編感想
第4弾は日本の教室を飛び出して、ヨーロッパへ。 ヨーロッパ各地で思ったよりも日本文化と日本語に興味を持っている人たちが多そうなことに作者たち同様に驚きました。 ただ、ネタ的にはやっぱり自分の教室で直接体験していることの方が臨場感があって面白かったかな。 ぜひ、アジア、南北アメリカ、オセアニア編も期待します。
読了日:8月18日 著者:蛇蔵,海野凪子
使える理系英語の教科書: ライティングからプレゼン、ディスカッションまで使える理系英語の教科書: ライティングからプレゼン、ディスカッションまで感想
英語でのプレゼンや論文を書く予定のある人、特にプレゼンの予定がある人にとっては日本語の説明が多く、またわかりやすい1冊。 指導者にとってもヒントの多い本だと思う。 ただ、最後に付け加えてられている基本的な文法事項の説明はメインのコンテンツではないため、限られたページの中に無理やり押し込めているので、あまり丁寧な説明ではない。文法はこの本ではあきらめて、別な1冊にした方が読み手にとっては有効だったのではないかと思う。
読了日:8月14日 著者:森村久美子
無責任なテストが「落ちこぼれ」を作る―正しい問題作成への英語授業学的アプローチ (英語教師叢書)無責任なテストが「落ちこぼれ」を作る―正しい問題作成への英語授業学的アプローチ (英語教師叢書)感想
正直に言えば「そうは言っても」と反論をしたくなるところもあるけれど、その言い訳こそがこの本では糾弾されるべきところなんだろうな。己の努力不足を棚に上げて反論してはいけないのだろう。
読了日:8月11日 著者:若林俊輔,根岸雅史
ロマンス小説の七日間 (角川文庫)ロマンス小説の七日間 (角川文庫)感想
三浦しをんのハズがハーレ×イン小説!?ってっ展開にびっくりしながら読み進めると、何とももどかしい現代の男女の恋愛?模様が本筋。そのあたりはしをん作品らしいと言える。また物語の二重構造やその関連付けなどもらしいと言えばらしい作品。あとがきまで彼女らしいサービス精神というか、ヲタク属性満載で楽しめるけれど、ただ主人公(あえてヒロインとは言わない)の翻訳に対する姿勢というか、その作業の仕方はどうなのかと。いくら間に合わせといえど、中学時代の辞書では無茶すぎるでしょ。でも一応本職の人に対して取材はしてるらしい
読了日:8月3日 著者:三浦しをん
日本人の98%はTOEIC TESTハイスコア予備軍です!日本人の98%はTOEIC TESTハイスコア予備軍です!感想
著者の優しさが伝わってきます。多くの人に希望を持って前向きに英語と親しくなって欲しいという思いが本当によく伝わってきます。習慣は習慣になるまで何度でもトライすればいい、あきらめなければいい、という考え方は気が楽になります。 少し肩の力を抜いて、でもあきらめないで、英語の勉強を続けて行こう!って前向きになれる本。 さらに、実際的な学習方法やお勧め参考書や模擬試験本の案内もあるので「やらなきゃ」って思いながら、なかなか「続かない」「やれない」人にはいい本だと思う。
読了日:8月2日 著者:早川幸治

読書メーター

[PR]
by a_bear_in_woods | 2013-09-06 18:39 | Books & Comic books