もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Foods and Cooking ( 11 )

bakingでの疑問

相変わらず電子レンジ発酵パンを週1のペースで焼き続けています。
おかげでいつも作るリーンな生地の方ならレシピは見ないでも作れるほどです。

冬の間は発酵の時に湯たんぽが強力な助っ人になってくれましたが、ようやくそれも必要なくなって来ています。

しかしパン以外のbakingはご無沙汰。
あれほど嵌っていたケークサレも随分焼いていません。
今年度の毎日のペースが整ってきたら、また焼こうかな。

パン作りの先輩のアイディアをいただいて、カップスープを練りこんでみたりと、いろいろ試していたパン作りですが、最近はリーンな生地、強力粉200グラム分に青汁の粉を1杯分(小分け包装のをいただいてあったので、それの1回分)を入れるのが定番になっています。

青汁、頂いて体に良さそうとは思いつつも、朝は牛乳とコーヒーでお腹たぽたぽ(笑)、青汁まで飲む余力が無かったのでパンに混ぜ込むことで1回分としては少ないけど、なんだかヘルシー気分が味わえているのでいい感じです。

さて、昨日のことですが、たまには気分を変えようと久しぶりにリッチな生地のパンを作りました。
リッチな生地の方は水分は牛乳と全卵のみでバターとお砂糖も増量です。

捏ねている最中はカップスープを入れた時よりもかなり柔らかいです。(途中が柔らかいほどふかふかに焼きあがります。カップスープを入れたリーンな生地はそういう意味ではリーンとリッチの間ぐらいになるのかな。)

卵の余りをパンの表面に塗って、いい感じに焼き色のついたパンが完成です!(画像は無しですが(汗))

お昼御飯の時間の少し前に焼きあがりました。

前回焼いた青汁入りのパンも残っていたので、古いパンはトーストして、焼き立てのパンはそのままで食べ比べてみました。


むむむ?
焼き立てだし、元々の生地の柔らかさが違うのでリッチパンの方が確かにふかふかとしています。
だけど味は青汁パンの方が濃いんだよね。
甘みも青汁パンの方が強い。
う~ん、青汁のせいで甘いわけじゃないと思うんだけど……

実は今のレシピ本を使い始めた時に、リーンとリッチの両方を焼いてみた結果でリーンの方を選んでいたのですが。
何故かバターも砂糖も多いリッチパンの方が味が薄いのです。
リーンの方が生地がみっちりになるから、かみしめた時の味がいいのかな?

リッチの方は空気を含む分、味が薄くなる?

でも、出来上がりの体積に大きな違いはなくも見えるんだけどなぁ~

不思議だ。

でも、やっぱりこれからもリーンな生地の方が活躍しそうな予感。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-04-25 08:33 | Foods and Cooking
別にホワイトデーにお返しを頂けなくて怒っているわけではなく、むしろホワイトデーなんて商業主義の妙な行事が無くなってほしいと、今年初めて思っているところなんです。

ホワイトデーの翌日の今日は、私の誕生日。
まぁ、もとよりこうして日にちが重なっているので、何らかの贈り物をいただけたとしても、どっちなのかがあいまいになることがほとんど。

しかも、最近は「兄」とつく人たちからはこじゃれたスイーツではなく、お酒が届くし……
ま、おいしいので良いのですが、どうも色々腑に落ちないのも確か。

だけど、今年は本気でホワイトデーを恨めしく思いました。

実は自分の誕生日って、ここ数年、いや十数年?ケーキを用意したことがありません。
夫の誕生日には私が焼きますが、自分の誕生日に焼くのはバカバカしいし、夫がごちそうを作ってくれると、胃袋的におケーキの収まる場所もないし……

でもね、そう言えば最近、お店のこじゃれたケーキってごぶさただなぁ~、ってことで、そうだ自分の誕生日に買ってくればいいよね!って今年は思い立ったわけ。
夕食はケーキをメイン(爆)の軽いものにして、デザートにケーキを食べようじゃないか!
生クリームやフランポワーズ、チョコレート……オシャレなケーキを二人で3つぐらいはイケるかな?

夫の了承もとって(なにせ夕食のメインがケーキと言う暴挙ですからw)、さぁ、いざケーキ屋さんへ!
日曜日に、実家の母へのホワイトデーの焼き菓子を購入したお店です。
家からもそれほど遠くない上に、うちの近所にしてはこじゃれたケーキが並んでいるお店です。

たしか、定休日は月曜のはず。そして今日は木曜日だ!

夕食の簡単な買い物をした後にケーキ屋さんに向かうと、何故かちょうど私の前の車が2台続けてお店の駐車場に入って行きました。
あれ?でもなんか変。
ちゃんとスペースに止まらないで、入口の邪魔なところにいます。
なんだ?

と思っていたら、1台がUターンをしたので、私の車を駐車場に入れてお店の建物の入り口を見たら……

「定休日」

えっ?
だから、どうして?今日は木曜だよね?

仕方がないので、もう1軒、まだ買ったことはないのですが気になっていたケーキ屋さんが車で10分ぐらいのところにあるので、そちらに向かうことに。

で、車を運転しながら気がつきましたよ。

あ~、あれ、本当は定休日じゃないよ。
臨時休業だわ。
ホワイトデーで働き過ぎたからお休みなんだよ。
だって、土日は駐車場は満杯だわ、店から離れたところから甘い匂いは漂うは……
随分繁盛してたもの。

ってことは、1軒目よりもさらに小規模の次なる候補のお店もやってない可能性の方が大きいよね……


ええ、予想どおりでした。
今日明日休むとこちらは表示が出ていました。

ってことで、手ぶらで帰宅。
あ~あ、もうね、ものすごくがっかりして脱力。

今日の夕飯どうするのかな。
もう、納豆ご飯にでもするかって気分だわ。

来年から誕生日のケーキは前倒しで頂くことにします。
いや、もうむしろ自分の誕生日はホワイトデーだと思うことにしようかな。
ア、当日は当日でケーキ争奪戦が激しいか?

こういう時、都会はうらやましいなぁ~
だってまさかデパートの中のケーキ屋さんまでは休まないもんね?
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-03-15 15:26 | Foods and Cooking

orange

キャロティーとパンプキンスープの粉でオレンジ色のパンに再挑戦。

袋から出しただけのキャロティー
d0163216_12423950.jpg

色はあまり鮮やかではありません。

分量のお水の一部をお湯にして注いでしばらく置いておくと、こんな感じ。
d0163216_12423971.jpg

正直なところ、これだけのお茶はそれほど美味ではありません。
紅茶とブレンドするなどが勧められていますが、お茶なら出がらしにあたる残った部分がもったいないので、料理に入れる方が利用価値がありそうです。
ご飯にも炊きこめます。

おっと、パン作りの話からそれた(笑)。
前回キャロティーだけを使ってパンにした時は色がそれほどでなかったので、今回はこれも入れます。
d0163216_12423979.jpg

キャロットパンと言うよりは、カロチンパンかな。

今回のベンチタイムはこんな感じ。
今度こそ真ん中から真っ二つ!ってしたはずなんだけど……
d0163216_12423929.jpg

やっぱり青汁には負けるね。

焼きあがりはやはり画像よりももう少しオレンジです。
d0163216_12423924.jpg


味は……気持ちかな?
もっとも、我が家ではこのパンでお弁当のサンドイッチにするわけなので、あまり味がついてしまっても良くないのですが。

そろそろ夫から普通の白いパンにして、って言われそうな気がする(汗)。

今回の配合は以下の通り(ベースはリーンなパン)
強力粉 200グラム
イースト 5グラム
砂糖 15グラム
水(お湯)で下のふたつを溶く 
 パンプキンスープの素 ひと袋
 キャロティー、適当
バター 8グラム
塩 2グラム弱(基本のレシピでは3グラム。ここからスープに含まれる分を引いた。本当は1.9グラムにしたいけど、最小計量単位が1グラムなので←新しい計りを買ったと言うのにこの失敗)
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-01-24 12:42 | Foods and Cooking

緑のパン

またまたみどりのパンに挑戦です。
もちろん、今回もパン焼き先輩のところでヒントを仕入れました006.gif

前回のコーンポタージュは色もほとんど付きませんでしたから、今度は色重視です(笑)。
d0163216_1314281.jpg

ホウレンソウのスープを入れようと用意していたのですが、もう一つの材料も入れることに。
このもう一つの食材のヒントをいただきました。
「青汁」の粉末です。

これは効果的でした!
ベンチタイム中の生地の様子です。
d0163216_1314261.jpg

これだけ色が付いていたら、焼きあがっても緑色のハズです。

どうでもいいけど、いつも2分割すると左側が大きくなります。


さあ、焼きあがりましたよ!

d0163216_1314234.jpg


お~、緑色だぁ。
実物はもっと緑に見えます。

さすが青汁!

あ、でも味も青汁が勝利しててほうれん草の気配はないかも……
っていうか、ほうれん草スープの粉は要らなかったかも?
でも、ふかふかにするのにはでんぷん質がいるから、やっぱりスープも入れた方が良い?

配合は以下の通り(ベースはリーンなパン)
強力粉 200グラム
イースト 5グラム
砂糖 15グラム
水(お湯)で下のふたつを溶く 
 ほうれん草のクリームスープの素 ひと袋
 大麦青汁 1包
バター 8グラム
塩 1グラム(基本のレシピでは3グラム。ここからスープに含まれる分を引いた)



そうそう、実は先日別な混ぜ物チャレンジで「キャロティー」と言う、ニンジンのフリーズドライのようなもので作るお茶(ニンジンのフリーズドライにお湯を注いで置くってことです)でもパンを作ったのですが、面倒だったので(汗)画像はありません。

ま、色もそれほど綺麗には出なかったのですが……
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-01-20 13:14 | Foods and Cooking

完成までの後半戦w

d0163216_1843269.jpg

十分にさめたところで型からケーキをはずしてみました。
う~ん、二人分だからこれでいいけど、ケーキとしては小ぶりだなぁ……

d0163216_1843210.jpg

3枚に切りたかったけど、無理はしないようがよさそうなので2枚に。
一応ちゃんと膨らんでいます。
天辺は外すほどじゃないのでそのまんま(汗)。
今回は(も?)白身と黄身を別立てにする生地にしたんだけど、本当は共立てのほうがしっとりするらしい。
でも、泡立てが難しいからなぁ~
いつかはチャレンジしてみましょう。
d0163216_1843237.jpg

キルッシュ入りのシロップを打って、間には同じくキルッシュで香りをつけたチョコレートクリーム(緩めのガナッシュクリーム)と缶詰のサワーチェリーをコンポートにしたものを挟みました。
このサワーチェリーが近所では手に入らず、ここ数年この「シュヴァルツヴァルター(独)」(フランス語なら「フォレノアール」英語なら「ブラックフォレスト」早い話がキルッシュトルテ)にチャレンジしたくともできずにいました。
で、今年の割と早い時期にオエドに出た際にチェリーをゲットして、今日のこの日まで保管(笑)。
あとで考えたら、密林さんに頼めば良かったようです。
ちょっとこの写真では真ん中に挟んだ様子が判りにくいですね。
でも、これ以上大きな画像もあげたくないかも(汗)

d0163216_184326.jpg


外側は白いクリームとチョコレートとチェリーで飾ります。
本当はさらに粉砂糖の雪を降らせればいいのですが、ま、これで何とか。

それにしても、これは切って断面が見えてこないと「黒」のイメージが無いですね。

あ、ちなみに「黒い森(シュヴァルツヴァルター)」の名前の由来はチェリーの産地がドイツの黒い森地方だから。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-12-29 23:09 | Foods and Cooking

完成!

d0163216_13344158.jpg

詳しくはまた後ほど(^_-)

毎年のことですが、ケーキを作る日はジムの年内最終日でもあるので、今日もこれを冷蔵庫に納めたらジムへ!

それにしても、作っている途中になめたクリームだけで、結構満足だわ。
でもって、余ったチェリーのコンポートとクリームでアイスクリームもどきも完成。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-12-29 13:34 | Foods and Cooking

焼けた

d0163216_10244538.jpg

生地は少な目だったので膨らみはこんなものかと。
だが、色が思ったより薄い。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-12-29 10:24 | Foods and Cooking

上手く膨らみますように

焼いてる間に片付けと次の準備
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-12-29 10:10 | Foods and Cooking

baking day 復活

久々に自家製パンでお弁当用のサンドイッチを作りました。
d0163216_10134353.jpg


しかし、なんというかサンドイッチと言っていいのかどうかのパンの厚みです(笑)。
でも、これは持って行く人のリクエストなので……

実は、右腕を負傷する前にこんな本を購入していました。(片手じゃ幾ら捏ねないパンも作れない(汗))

シリコンスチーム型つきパンレシピBOOK
d0163216_10163643.jpg


もともと、我が家のパンは電子レンジ発酵パン(村上祥子レシピ)を使っていました。

新しい本も材料や時間、手順は村上ヴァージョンとほとんど一緒です。
村上バージョンの基本は粉100グラムのところが200グラムになってるぐらい。それも最近は自分では200グラムだったし。
電子レンジ弱で刺激する時間も、その後の発酵させる時間も一緒です。

最大の特徴はタイトルにある通りのシリコンスチーム型が付いていること。
食パン型です。
今まで食パン型は母が使っていた物を持って来た40年もの!!のしか持っていなくて、しかもほとんど使っていなかったので、試しに買ってみました。

今までは電子レンジに入れられるガラスの小さなボールで合わせていた生地を、このレシピでは型の中で混ぜます。
洗い物が少し減るというのが売りの一つ!?
この間までは、パンを型に入れてなかったので、あらい物の数自体は私は減りませんが……

ともかく、昨日、やっとちゃんと使ってみたところです。

このシリコン型、混ぜることを前提にしているせいか、パン生地の重さを考えてか、これまでいくつか買ったこの手の型に比べると肉厚で重量があります。
それと、型の底に生地の大きさの目安が発酵前後でつけられているところが、初心者の発光具合の見極めに不安がある時にはとても便利です。

昨日はリーン(基本)の生地、今日はリッチな生地で焼きました。
どっちも卵で照りまで出してみました(普段こんなことしないけど)。

う~ん、混ぜる動作は本音を言えば丸底の方がやりやすいです。
でも、そんなに真剣に捏ねるわけじゃないから許容範囲内かな。

昨日は焼きあがりは写真を撮れなかったので、今日のリッチな生地のパンは焼き立ての型の中の様子
d0163216_10341048.jpg


そして、型から出したところです。
d0163216_10351017.jpg


ちょっと横にぱっくり行きすぎた感がありますが……

さて、あとはお昼時に冷めてから食べた人の感想次第で次からの材料の配合や形成は考えましょう。
また薄力粉を混ぜるか、バターをオイル(サラダだったりオリーブだったり)に変えちゃうか、何茶って―ベーグル風にするか……

↑こうやって、失敗への道を歩むのだ(爆)
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-10-17 10:38 | Foods and Cooking
母の誕生日を祝うのに地元のイタリアンを食べに出掛けてきました。
なんだかんだで、あの地震以来初めての外食です。

先月の終わりにお店を予約する時には、営業してるのかな?って心配もあったのですが、今夜行ってみたらこれがほぼ満席!

去年の母の誕生日も同じお店だったんですが、その時よりも、その後に職場の友人たちと食事会をした時よりも大繁盛w

良かった。
うん、良かった。

そして、おいしかったし、パパちゃんが珍しくいい子だったので(爆)、ホントに良い時間でした。

雨降っちゃったし、かなりカジュアルなお店だったんだけど、久しぶりにスカートを履いて、アクセサリーもちゃんとつけてお出かけしました。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-09 21:13 | Foods and Cooking