もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Health( 9 )

前回の診察から1週間ちょっと経ちました。
ステロイドをストップして、血流改善の薬だけになって1週間。まだ少し血流の薬は残っています。

朝晩の一日2回の服用なのですが、違和感を感じることもほとんどなくて、その日はスケジュールがいつもと違ったせいもあって、ついつい朝は薬を飲み忘れてしまいました。

とあるサークルの仲間とお出かけ予定だったのですが、待ち合わせの駅のコンコースがやけに音が響く場所で、そこでなんか耳がわんわんと感じた時に「あ、しまった今朝薬を飲み忘れた!」ってことに気が付きました。

その後も、室内でちょっと違和感を感じることがあったのですが、開放的な空間や屋外では全然平気だったので、薬を飲み忘れていたから、と言うよりは、音の響きがおかしな場所が以前より苦手になっているだけのようでした。

この日の夜からはまたちゃんと規則正しく薬も飲んで、聞えの低下を感じることははありません。
時々、気に入らない音がすることはあるけど、それも許容の範囲。

このまま、4日後の膝のための入院まで残っている薬を飲んで、それで終了ってことになりそうです。異常が無ければもう診察も受けなくて良いみたいだったし。

膝の手術では約1週間の入院が予定されています。ちょうどよい安静のだめ押し(←使い方を間違ってるような?)になるだろうと思っていました。


で、途中、膝の手術と入院に関してはまた改めて別エントリーでこれまた情報を探している人が居るかもしれないので残すことにしますが、先週、その入院からも無事に退院。
入院中にふと気がつけば、耳の違和感は全くと言っていいほど解消していました。
入院直前までは頭を動かした時に、耳の奥で水が入っているような詰まったような感じが残っていたのですが、それもすっきり無くなりました。
安静が良かったのか、耳のことなんか気にしているヒマがなかった(暇はヒマだったけど)のが良かったのか判らないし、実際には聴力測定はしていないので、完全に聴力が元通りなのかは数値的には判りませんが、でも自分の感覚としては完治!卒業!って感じです。

薬を服用した期間が発症から1ヶ月間。
症状を感じなくなったのがその後1週間後と言ったところでしょうか。

最後の薬をもらってからは受診していないので、コンサートやヘッドホンなどの禁止令がいつで解除だったのかは判りませんが、入院生活の後半ではさすがに退屈しのぎの音楽を聴くのにポータブルプレーヤーを使ってしまいました。ただしボリュームはいつも電車などで聞く時の1/4のレベル。もっとも周囲がエアコンの音しかしないような場所だし、ノイズキャンセラーとエアコンの音はものすごく相性が良くて、効果抜群だったので大きな音にする必要が全くなかったのですが。
長時間イヤホンを入れたまま、ついつい眠ってしまった後はちょっと耳に不快感があったけど、難聴のせいってよりはそれは装着のしすぎでしょう。

退院後はせっかくの夏休みが家事と病院の往復になってしまった夫となにか楽しみを!と思い(とはいえ、膝の手術の影響で徒歩での遠出は不可)映画を見に行ってきました。
正直、耳に関して不安はあったし、実際見終わった後は少し耳に不快感があったけど、でも、それも一晩すれば消失していました。
そろそろ耳のことは気にしないで日常を過ごすのが良い時期のようです。

ってことで「突発性難聴」の話はこれで終わり。

うん、終わりのハズと信じています。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-26 09:49 | Health
土曜日から再び5日間、一日2回ステロイドを飲んで、いったん薬が切れるので、またまた診察を受けてきました。

前日までは、聴力は戻ってる感じがあったものの、耳の詰まった感じとか、変な響きが今一つすっきりしなくて、前日は特に、仕事場での声の響きが変だったり、扇風機の音がやけに嫌だったり、眠かったり(あ、これはいつも?)だったのですが、今朝起きたら、ものすご~く爽やかw

まだ、耳に多少の圧力を感じるのと、つい手が耳のあたりを触っているせいか、なんか痛いような気もするけど、ともかく、なんだかすっきり感がある。

この日は仕事お休みだったし、翌日出勤すればとりあえずは休みに入るし(ペーパーワークは残るけど、それもけっこう目処が立ってる)、でゲンキンな私はリラックスモード!?

ってことで、当然またまた聴力検査は
「元に戻ってますね」
で、
「なんでこんなに行ったり来たりかしらねぇ~」
と言われながらも、またまたステロイドは終了。

先生にはう~んと首をひねられながらも、血流を良くするお薬だけあと1週間分処方してもらって帰宅。

今度こそ!って感じですが……
ともかく、仕事が一段落なので、少しのんびり過ごして、オイタwも無しで過ごしましょう。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-26 09:35 | Health
調子に乗りすぎてたのかもしれません。
自業自得と言われたら反論の余地はございません。

また、ステロイドの投薬に戻りました(汗)。

水曜日までステロイドを飲んでいて、水曜は例のコンサート。
コンサートはマイク、スピーカーを使うものでしたが、オケの編成は10人前後。
シンセサイザー以外はストリングスはアコースティック。管楽器も少ない歌がメインのコンサート。
聞えの違和感も何もなく、楽しく過ごして帰宅しました。

コンサート会場まではちょっとした旅だったし、同じ日に夫は午前様だったので水曜は就寝時間がとても遅くなったのは事実。

木曜日は朝いちでお仕事。
午後から入院する方の病院にまた用事があって行って来て、その後、入院準備の買い物をしたり、マッサージを受けたりの一日でした。
マッサージの人が言うには左の肩の凝りは、筋肉が無意識に緊張してるからとのこと。
意識して力を抜いて、って。
耳がおかしいから肩に力が入るのか、肩に力が入りすぎだから耳がおかしくなったのか……どうなのでしょう。
この日からステロイドは無し。

金曜日は夫も私も休日。基本、自宅でほとんどすごしていましたが、原稿書きの仕事を仕上げたり、ストレッチのプログラムに出るのにジムに小一時間お出かけ。
ジムではストレッチポールを使ったストレッチとジョーバ10分とお風呂だけ。
左肩が張ったままだったのですが、ポールから降りた時のコンディションの変化は久しぶりに画期的なものがありました。
でも、なんだか耳の閉塞感がちょっとぶり返してきた様な気配はしていました。

土曜日の朝、いよいよ閉塞感が強まってるし、どうも聞えも変。
だけど、実はこの日がもう一つのコンサート(ジャズライブ)の日。しかも、また東京(汗)。
本当は行かないのが一番いいのは判ってるけど、夫もすごく楽しみにしていたのだから、ここでドタキャンするのは忍びない。
お世話になっている耳鼻科が駅前なのをこれ幸いと、電車に乗る前に診察を受けることに。

聴力検査の結果、やっぱり悪い方に戻ってるとのこと。今回はグラフは見てないけど、やっぱり低音だけだと思います。
先生に
「なんでもどっちゃったかな?何かした?」
と言われて、東京にコンサートに行きました、今からも行きます、なんて言えるはずはありません(爆)。ひたすらすっとぼけ。

ともかく、もう一度ステロイドを飲むことに。朝晩の2回です。
薬局で、薬剤師さんに朝食後3時間過ぎてるけど、朝の分をこれから飲んでも大丈夫か聞いたら、早く飲んだ方が楽になるだろから、たっぷりの水で飲めば大丈夫だよ、と言われたので、電車に乗る前に服用。
電車の車内では左耳にだけ耳栓を入れて、少しお昼寝タイム。

東京についた頃には閉塞感は薄れてきてたけど、声が響くような建物に入ると、耳が少し違和感を覚えました。ランチをとったレストランがそんな感じの場所だったので、途中からまた耳栓をしてました。

で、問題のジャズライブは夜だったのですが、この頃には薬の効果か閉塞感はそれほど気にならなくなってました。
トランペットを中心にしたライブ演奏は小一時間。
聞えには何ら問題もなく、耳が痛いとかも何にもなく、しっかり満喫(汗)。

まぁ、痛くないから耳がつかれてないかと言えば、それは別なのかもしれませんが……
でもね、つくづく自分の耳がゲンキンなことに苦笑。
家でも、夫がバロックとかをスピーカーから流してても、それは全然違和感なく聞けちゃうのです。
でもTVの人の声や建物の中でガヤガヤと響く人の声とかはわずかだけど変なんですよ。人の声って、いろんな音から出来てるんでしょうね。あとTVって無駄に音楽がついてたりするでしょ。
純粋な音楽で、どちらかと言えば高音域なら聞えている部分なので違和感ないんですよ。

聞きたいものは聞けるらしいです、私の耳w

ってことでNo music, No hearing.(音楽が無ければ聴覚もない!)

ああ、医者泣かせの患者ですね。はい、反省してます。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-25 10:29 | Health
薬を減らしてもらって、もう一度翌週に来てね、と言われていました。
その後、お気楽極楽wな週末のおかげで、薬を減らしても症状がぶり返したりすることもなく、日常においてはほとんど違和感もなく過ごしております。

明け方の静かな中でも違和感はほとんどなくなっています。

ってことで、本日診察してもらいに出かけたところ、症状が無いならばお薬もプレドニン(ステロイド)は残っている1日半分が終わったら終了で、あと1週間血流を良くする方のお薬だけ続けることになりました。
たぶん、このまま症状は治まったままになるだろうから、薬を飲みきって異常が無ければ診察も今回で終了です!

通院は1週間とちょっとで終わりそうです!すごい、うれしいです。

ちなみに、コンサートは解禁かどうかは質問してません(汗)。
だって、もしもあっさり
「そうね、あと1カ月はがまん」とか言われたらショックじゃないですかw

ってことで、実は翌日が問題のコンサート(『DRAMATICA / ROMANTICA』
)。
ホールでの人の話し声の反響とかちょっとは心配だけど、行ってきます。
もしもつらかったりしたら、途中であきらめることになるだろうけど、今の感じでは特に問題はなさそうです。
それほどハードな音楽じゃなし、ストレス解消にも楽しんで来たいと思います。

ってことで、この続きは『DRAMATICA / ROMANTICA』を挟んで、その後の変化になります。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-25 10:25 | Health
おかげ様で薬を減らしても特に問題は生じずに、順調に過ごしています。
今回のことでは色々と考えたり、感じることがありました。

耳っいうか、聞えてるってことは、鼓膜が振動するだけじゃなくて、神経がそれを脳に伝えて、処理されて、初めて聞えてるんだなぁ~って実感しました。
だから、今回、本当に怖いなぁ、って感じたのが雑音と必要な音が混ざってしまってるような感覚でした。

音域の全部が聞えなかったのではないので、聞えてないってことに気がつくのが難しかったのですが、でも、なにが異常だと思ったかというと、雑音がやけに大きく感じて、圧力のように襲ってくることと、その中からちゃんと必要な音がとれているかどうかの自信が揺らいでしまったことでした。

お医者さんの話や他の体験者の人たちの話から、とっても納得です。
突発性難聴の場合は鼓膜はちゃんと働いています。だから音はいつもどおりに鼓膜への振動として伝わっているのです。問題は神経と脳。これは厄介です。
なにせ見えない、いじれない場所だもの。
でもね、ここでパニックになったら、きっと悪化しちゃうよね。
そうならないですんだのは、周りの人からもらった励ましの言葉、特に体験者からの言葉はうれしかった。

ネットでもいろんな情報が集められるけど、ネットって性格的に「吐き出したい」事の方が多くなるので、病気だとネガティブな反応も少なくないです。
克服しました!大丈夫!ってよりは、大変、しんどい、って方が目につきやすい。
でもね、不調も含めて自身をちゃんとコントロールしている人たちが、この先、大丈夫って思わせてくれたのは不必要な不安に落ち込まないで済んで助かりました。
それとお世話になった先生も、あんまり深刻になりすぎない話し方をしてくれていたので、大丈夫なんだって思えたのもかなりポイントですね。

さて、その後です。
土曜日はまた膝の方で病院に行きました。実は夏休み中に膝の種々と治療を受ける予定になっています。その手術や入院の説明を受けに家族同伴(って夫だけだけど)で行きました。
午前中しかない診察時間に患者さんが押し寄せてて、大混雑!予約はなんだったの?の1時間以上待ち!!
待合室のガヤガヤとした音がちょっと不快で苦手、って感じがまだ有ります。そういうところに居ると、自分がまたちゃんと音を区別できなくなってるような不安が生じるのです。
時々、左耳をふさいだりしながら、でも、しばらくしたら慣れてきて問題無く説明もちゃんと聞けました。
ただ、さすがに手術前の血液検査と尿検査には若干の数値の問題があったようです。白血球が多かったのと、すこし膀胱炎の気配があるとのこと。白血球は薬の副作用かもだし、膀胱炎は自覚症状はないので、やや疲れ気味なのかな?ともかく、手術には問題がないから入院なども予定通りと決定になりました。
この手術入院も、意外にいいリラックスになるかもしれません。内視鏡を使う手術なので体への負担は小さいので、雑用から解放されて過ごす良い時間をもらえるチャンスかもです。
電化製品持ちこみ不可なのでヘッドフォンステレオもあきらめなきゃだし、PCも自前は持ち込めないから、ネットサーフィンも控えめになるだろうしね(有料でネットはできるTVが使えるらしいです。)。

土曜日はそんなこんなで用事を済ませた後は普通に買い物して、普通の週末の食事をして(普通の週末なので食事当番は夫ですw)、普通に晩酌してw、そしておやすみなさ~いで一日終了でした。
薬が減って最初の日でしたが、特に問題なし!です。


翌日の日曜日は午前中にビーチにお散歩に出かけました。
普段はこの時期海水浴場が海開きした後は、人が多いので近寄らないのですが、今年は最寄りのビーチでちょっとしたイベントがあったので、その様子を見るのに余りこまないだろう時間帯を狙ってお散歩です。

車はビーチからは離れたところに停めて(だって、ビーチは一日1000円だよ、駐車場代!!)お散歩です。
実は1週間前、まだ突発性難聴の診断を受ける前の、耳に違和感を感じていた時もほとんど同じコースをお散歩してました。
その時は、途中でガソリンスタンドの前を通った時に、ちょうど洗車機が稼働していたのですが、その音が不快で顔を思わずしかめてしまったのですが、今回はその同じ場所も難なくクリアです。洗車機も動いていたような気もしますが、そんなに気になりませんでした。

ビーチにつくと、前の週はまだサーファーしかいなかったビーチでしたが、今週は家族連れたちの日よけテントが色とりどりに広がってました。
とはいえ、まだ芋の子を洗うほどじゃなくて、ほどほど。
潮騒の音を楽しみながら、ビーチをのんびりお散歩。
うん、体をじっとしてるだけが休息じゃないよね、こういう時間の過ごし方も大切な休息だね。
笑顔で、時々ジョークに声を出して笑って歩けるって幸せだなぁ~と、改めて感じました。

午後からは少し原稿書きの仕事もちょこちょこしながら家の中で過ごして、おいしい食事と晩酌w、そして十分な睡眠。

さぁ、目がさめれば月曜日!
いつもどおりにお弁当を作って、夫を送り出して、すっかり元気になったので、1週間封印していた掃除機を出してきました。
あの音が怖かったんのでしばらくさぼってました。特にうちの掃除機はうるさいので定評のあるダイソンくんなので(汗)。
暑いので、時々PCの前に座ったりしながら、何となくお掃除をして、昼前の自宅を出発。
今日は古い友人とのランチの約束です。
2時間弱、おしゃべりとご飯を楽しんでから、ランチをとったところのそばのスポーツ用品でストレッチポールを買ってきました。


純正品じゃなかったのがちょっと不満ですが、値段は半額だから良いかw
これで少し背中のコリを解消させられるといいな。
あと、筋力トレーニング用のチューブも買ってきちゃった。

さぁ、三日坊主にならずに続くかな?
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-25 10:21 | Health

突発性難聴(4) 再診1

うれしい結果です。
おかげ様で数値でも聴力は戻っていました。投薬の方はまだ続きますが、ひとまずはホッとしました。早めの受診を促してもらって、ちゃんと診てもらったおかげです。


では、ちょっと細かく、振り返りながらご報告。

症状に気がついた金曜日から1週間が過ぎ、そして2度目の診察でした。

診察の前に、ちょっと更に時間をもどして、前日の昼寝をした後ぐらいから始まります。

すでに聞えその物の違和感はあまり感じず、でもまだ少し飛行機を降りた後のような閉鎖感が残っていました。
また、この1週間毎朝、ほとんどこんな明け方に目が覚めてしまっていたのですが、周りが静かなせいで耳の奥で何か聞えてるようなそんな気になるのがちょっとね。でも、それも耳鳴りって言える感じではありません。

さて、ゆっくりのんびり、のハズだったのですが、仕事がちょっとそうもいかなくなってます。
音声ファイルの加工をする用事があって、1週間は先延ばしも可能なんだけど、じゃぁ1週間後は本当に体調はいいのか?とか気になってたところに、臨時の原稿書きが舞い込んで来ました。
こんな時なんでお断りすればよいのでしょうけど、量が少なかったのと、ご指名で頂けた仕事なので次につなげるためにもやっぱり引き受けたいと……

そこで、調子が良かった木曜日の夜に音声ファイルの加工の作業を強行しちゃいました(汗)。
まぁ、音声ファイルの加工といってもPCのスピーカーから音を流して、要らないところをチョキっと切る(マウスでね)だけなんで、大した仕事じゃありません。

でも、終わらせてみると姿勢が悪いのか、耳が悪いのか、左側の肩から背中がこわばってるのが判ります。まぁ、肩コリって奴ですね。
肩コリはもう長い付き合いですが、肩コリなども突発性難聴の原因になりうるって聞いていたのが気になり始めました。

確かに、血流を改善する薬ももらってるし、滞るようなことって良くないよね……あれ、でも逆に言えば、そこを改善すれば引きずられて耳も良くなるかも?←ポジティブだわね、自分(笑)。

ってことで、金曜日に医者に行く前にちょっとマッサージ屋さんに寄り道して行こう!と思い立ちました。
ちょうどひと月ほど前に、行ったマッサージのことを思い出しました。
その時に初めて行ったところでしたが、ぐいぐいとリンパもマッサージしてくれる所で、あの腕なら、耳の違和感も一緒にもみほぐしてくれそ~!

ただ、思い立ったのが夜だったか、明け方だったか、ともかく予約はできない時間だったので、朝いちで直接行くことに。

ところが、朝、出かけようとすると車の鍵が見つからない(汗)。
焦るは、汗かくは(爆)。まぁ、結果無事に見つけたけど出遅れ……

マッサージ屋さんは先客で一杯。病院にも午前中に行きたいからここはあきらめて、その近所の整体医院(ここも初めて)を覗いてみることに。

15分のクイックならすぐ出来ますってことで、望むところ!とお願いしました。
実は整体医院そのものが初めてでした。
案の定、左がとんでもないですよ、何かしたの?と言われましたが、そこはゴニョゴニョw
ともかく、少しでもほぐしてもらうことに。

で、つらつら考えていたら、そう言えば先月のマッサージの時、むくみ自体は膝から来るものに気をとられてたけど、上半身をねじってもらった時に左があまりに曲がらな過ぎて、苦笑いになったけ。
で、その時、体がねじれないのは腰だけじゃなくて脇の下からずっと張ってるからって言われたんだ。
なるほど、左の耳に来るわけだ。

もともとヨガでねじった三角のポーズってのがあって、苦手なんだけど特に左が笑っちゃうぐらい苦手。
更には、膝を4月にふたたび痛くして以来はヨガや他のインナーマッスル系のトレーニングもお休みしているから運動不足や偏った体の使い方に拍車がかかってた。
多分、膝で右をかばう分、上半身は左に負担が強かったんだろうなぁ~

そんな風に感じながら15分の時間一杯ほぐしてもらって、初めてのあの「ぽきぽき」って言う背骨を広げるのも体験しました。音は確かに「ぽきぽき」って聞えたけど、痛かったりしないのね。また体験しても良いかもw

すこし肩も軽くなって、いよいよ耳鼻科へ。
まずは検査です。
笑顔の優しい看護師さんが検査をしてくれて、終わった時に
「自分ではどう思う?」と聞いてくれましたので
「良くなってると思う」と答えると
「ええ、聞えは戻ってますよ」と更ににっこりとグラフを見せてくれました!

良かったぁ~、本当にホッとしました。
それからお医者さんとお話して、まだ違和感はあるけど、と言ったのですが、ほとんど問題は無いでしょうって感じで、薬の量を減らすことに。
ステロイドの量が1/3に他の薬は2/3の量になりました。
そして、翌週にもう一度診察です。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-24 11:46 | Health

突発性難聴(3) 経過

とりあえず水曜日は一日、外出もせずに(厳密にいえばお迎えには出かけましたが)、比較的(笑)ゆっくり過ごしました。

とはいえ、それほど眠かったわけでもなんでもなく、1,2時間雑用をしては同じぐらいの時間を本を見ながらゴロゴロ。TVや音楽はなるべく無しで、の一日を過ごすことに。

最初に薬が効いた時が感動(?)が大きかったので、その後はそれほどの変化は有りません。
不快感が全くなくなったわけじゃないけど、我慢できないほどの不快感じゃないし、それこそこういう気圧の低いお天気の時ってこんな感じかもね、って程度。
逆に言えば、症状がきつく感じた時にちゃんとお医者に行かずに、こんな何となくそんなもん?って放置することが一番危険なんだろうなぁ~って思います。

ネットでのつぶやきにいろんな人が反応してくれて、早めの受診を勧めてくれたことに本当に感謝です。
そして、私も皆さんに「耳の違和感を感じたら、迷わずお医者にいきましょう!」と言いたいです、うん。

そして、この病気、けっこう体験者が居るのでそう言う人のポジティブな体験談を聞くのも良いと思います。なにせ普通のことが普通じゃなくなるって、想像以上に精神的なダメージはあります。でも上手に乗り越えた人たちや、仮に多少症状が残っても、それとうまく付き合っている人たちの姿は心の支えになります。

さて、一日はゆっくり休めたものの再びお仕事。
この日は幸い、仕事時間が午前中で終わりだったので、その後所要を済ませて、昼食後に帰宅。前日に、のほ~ん、と過ごした反動か、その前よりも今日の方がなんかちょっと疲れてるので、少し昼寝でもしようかなぁ~って感じです。

ついつい遊びや楽しみを優先にして、仕事を短期集中で片付けようとしがちな私には、少しこういう時間の使い方を見直すおしおき(汗)も必要なのかもしれませんね。
昨日、休みながらでもしなきゃならないことから片付けたら、それなりに片付いたんだもの(爆)。
いつでもできるから、とか、あれとこれはまとめてやっちゃえ、一度外に出たらあの用事とこの用事とって欲張るのは年齢も考えて少しずつ改めた方が良いのかもしれません。
って、無理っぽいけどねw

さて、いよいよ最初にもらった薬も飲み終えて、再診です。自分が感じているぐらい、数値的にも回復しているといいのですが。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-24 11:42 | Health

突発性難聴(2) 受診

月曜日に目覚めても、やっぱり状況は変わらず。
試しに具合の悪い左だけで音を聞くと、若干小さく感じる気もします。

ともかく、この日は仕事も休みの日だったで耳鼻咽喉科へ朝すぐに行きました。

この時までは、中耳炎かな?って疑ってました。
ちょうど少し前に、夫の知り合いが飛行機で耳抜きに失敗して中耳炎になったって話を聞いていたので、鼻のかみ過ぎで中耳炎かなって。

でも、正直なところ子ども時代に中耳炎の記憶が無くて、その症状がピンとこないって言うのも不安の種。

じっさい、お医者さんがまずは耳の中を見てみると炎症はありませんとのこと。そう言えば痛みも特にないし。中耳炎と言えば痛みと炎症だものね。
で、聴力や鼓膜の働きを検査したところ、鼓膜の働きそのものには異常はありませんが、左耳の低音の聞こえが低下していることが判明。
こういうのは神経性の難聴というそうです。中耳炎のような鼓膜の方が原因のものと分けてるようです。
中でも「あの時から聞こえない」ってタイミングがはっきりしているのが「突発性」だそうです。

とりあえず投薬(メチコバール、カルナクリン、アデホスコーワ、ブレドニン(ステロイド))で4日間様子を見て、薬を減らしながら治癒を目指すそうです。
私自身は、医者からはコンサート&ヘッドフォン禁止と良く眠るように以外は特には注意されてなかったのですが、ネットで見てみると「安静」「読書もTVも勧めない」ってのもあります。
(つまりはネットサーフィンもNGよね(爆))

はっきりとした原因も理屈の通った治療法もないあたりが難病指定らしいです。(ステロイドは効果的だけど、なぜ効果があるのかが判ってないらしいです。)
それでも、原因は一般にはストレスと言われているそうです。あとは睡眠不足ね。

でもね、私ちゃんと寝てるよ。ここのところ、明るくなるのが早いから6時間ぐらいだけど、たいていは7時間以上だよ。ストレスだってこれと言って特に急にと言うのは見当たらない。


それと、ネットを見ていたら私の症状と聴覚検査の結果は急性低音障害型感音難聴にかなり近いです。お医者さんは区別することなく「突発性難聴」との診断でしたが、こちらだと治るのは早いかもしれないことが判り、ちょっと安心しました(でも再発することがあるらしい)。

とりあえず、耳に不快感が無い程度の日常生活を心がけることに。

実際、担当医から「安静」は言い渡されてないし、仕事もちょっと休めない時期になっていたので、生活自体は通常運転のんまま。
つまり、朝起きてお弁当作って、自分も仕事。
ついでに、仕事帰りに別件の通院の予定が入っていたので病院の梯子(汗)。
とりあえず、薬の効果もあるのでしょうけど、違和感、不快感ともに受診翌日にはかなり軽減して来ました。
自分の声が響くこともほとんどなかったので、仕事でも全く支障が無かったです。
もともと話声の聞えには問題が無いので、「難聴」ってだれが?って感じです。

このまま症状が治まって、次の診察では薬を減らしてもらって、それでもかつ症状が治まっててくれれば、かなり嬉しいです。

とりあえず、翌水曜日はプライベートの予定が入っていたのですが、そっちの方はキャンセルさせてもらって、明日一日ぐらいはのんびりして、ちょっとは静養することに。
と言っても、実際はペーパーワークに追われましたが。

さて、この時点で私にとってとても心配だったのはコンサート禁止令は行ったいつまで続くのか!でした。

なぜなれば、この「突発性難聴」事件はあの『DRAMATICA / ROMANTICA』の直前のことだったのですから。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-23 16:00 | Health

突発性難聴(1) 発症

またすっかり、ブログをさぼっています。
さぼっている間にも色々とあったのですが、そのひとつが「突発性難聴」。

ブログに体調不良のことを書くかどうかは少々悩んだのですが、自分自身、この病名を告げられた時、あちこちネットで情報を探しました。
ってことは、私が体験したことを記録してネットに残しておくことも、誰かの役に立つことがあるのかもしれない、って思うので、楽しい話題ではないけどやはり書くことにしました。


「突発性難聴」は誰でもなる可能性がある病気で、早期の治療開始がキーになるらしいので、症状の発見に関しては役にたつこともあるかもしれません。

1.「聞こえの異常の気づき」
おかしいと気がついたのは金曜日の昼過ぎ。
ジムにエアロバイクを漕ぎに行こうと着替えていた時、頭上をジェット機が通過しました。
我が家の上空は旅客機も可視高度を飛びますし、自衛隊のジェット機、ヘリ、それに海上で事故でもあれば海上保安庁も……なある意味にぎやかな場所です。

でも、この日はなんだかいつもよりも変な響きで、頭の中で鳴ってるみたいに聞こえました。
ちょうど夫が休日で在宅、しかも目の前にいたので
「いま、ジェット機飛んでる?」
と聞いたら、
「うん、飛んでるよ。いつものことじゃない」
って。
う~ん、だけどなんか変。
そう言えば、なんだか飛行機に乗ってる時に高度差で耳がぼ~っとしている時見たい。
でも、声とかは普通に聞こえてるしなぁ~

そう言えば前日、くしゃみと鼻水が止まらなくて、一日中鼻をかんでたから、そのせいかも?って思って、とりあえずジムへ。
違和感を感じながらもバイクを漕ぐときにいつもどおりにMP3プレイヤーのイヤホーンを装着。流していた曲は運動には似つかわしくないけど、リベラ。ボーイソプラノのコーラスはいつもどおりに聞こえて来たので、その後は気にしないでそのまま40分ぐらい自転車。

その後、お風呂に入ったり、買い物して帰宅。
音楽を聴きながら晩酌と夕食。その後TVを見ながらDSでドラクエ。
耳の閉塞感は続いていたけど、まぁ、一晩寝れば治るよね、って気分。
めまいとか耳鳴りはなし。

2.翌日
土曜日は映画を見に行こう!ってことで、午前中から映画館へ。
なんとなく、まだ飛行機から降りた直後みたいな感じだけど、普通の声とかは聞こえてます。なんどか唾を飲んでみたり、あくびをするけどすっきりしません。
でも、もともと耳抜きって苦手だし……
映画館に向かうのに車に乗り込むと、どうもいつもよりもエンジン音がうるさく感じます。
う~ん、でも気のせいかな?
映画館の駐車場で車を降りると、今度は大した風じゃないのに、耳元で風が唸ってます。
やっぱり変かな?
シネコンプレックスのロビーの騒音が圧力みたいに感じてちょっと不安と不快感が。
これ、マズイ!?
でも、結局チケットを前もって買ってしまっていたし、少ししたら慣れたので「アデル」と「踊る大捜査線」の2本を鑑賞し、モールでお買い物して帰宅。
夕飯は晩酌なしw

3.翌日というか受診前日
日曜日。この日もまだ飛行機を降りたばっかりみたいな感じ。
でも、TVでも会話とかは問題なく聞こえる。良くなったかな?
とりあえず投票日だったので投票所までお散歩。
その後、近くのビーチをお散歩。ゆったりした気分だし、少しの不快感だけで特に問題はないかも……でも、低音の振動のような音を聞くと不快感がよみがえります。

この日は軽い晩酌と夕飯。TVが選挙速報だらけでつまらなくて夫は早く寝ちゃったけど、私はネットとでウロウロ(汗)。
で、やっぱり耳の違和感がとれないので「中耳炎かも」とネットでつぶやいてたら、心優しい人たちに「早く病院に行くこと」とアドバイスをいくつも頂きました。


で、月曜日の朝一番にネットで調べておいた近所の耳鼻科に足を運んだしだいです。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-23 15:44 | Health