もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:English( 1 )

この本は良い!(TOEIC)

こちらのブログに移って来てから、英語学習がらみの投稿を全くしていなかったことに気が付きました。
そもそもカテゴリーすら用意していなかった(汗)。

ま、そっちの話は主に別なSNSでしているし、こっちは基本お気楽な日々の記録だし、ってのはあるんだけど。

それにこのブログって誰が見る?ってのも多いにしてある。
ただ、いくつかのSNSの中で検索ロボットに引っ掛かるようにしているのはこれだけなのも事実なので、なにかで検索して来るかもしれない人のために書いておいても良いのかもしれない。

ってことで、最新の一押しの本

TOEIC(R) テスト いきなり600点!

う~、FBのリンクになれちゃうと、いちいちリンクを指定して、なおかつ画像は別じゃないと用意できないのって不便すぎる。

本の表紙はどうぞリンク先のアマゾンでご確認ください。
美人講師が二人、自信に満ちた笑顔で微笑んで、600点へと導く女神のような表紙です(本当は帯)。

もちろん、目を惹くのも惹きますが、中も素晴らしい。
600点を取るのに、これはできないとね、ってツボをしっかり押さえつつ、ただそれをTOEIC対策の視点からだけではなく、英語としてこれがどう役に立つのかも気を配っているし、沢山の自習方法のネタも披露されています。
いかにも教室でレッスンを受けているかの親切設計!

600点をすでにクリアしている人たちにも得るところはある良い本です。

そして600点をこれから取りたい人は、本に出ていること、そしてAya先生とNatty先生の言うことをちゃんと守りましょう。
守れば600点は確実だし、たぶん700点近くに行きます。うん。

っていうかね、良書って言われている本、どれもそうなんですよ。
書かれている通りの学習法を取れば、謳われているよりずっとハイスコアを取れる潜在的な力がコンテンツにはあるんです。
あとは受け手しだい。
だけど、その本が受け手のモチベーションもUPできるとしたら、本としては大成功の最強本です。

他にも良い本が色々あるけど取り上げ出すとあまりにキリが無いので、とりあえずはこの1冊を。

そのうちまた、書くかな?

でも、この手の情報は巷にあふれてるし、ま、どうするかな。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-12-28 10:32 | English