もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Greeting( 25 )

よろしく頼む前に、書き込みがなければどうよろしくすればいいのやら状態です(汗)。
今年も超スローペースになるのはもう目に見えた感じです。

年末年始をざっとまとめますと、公開からやや遅れてPlanesは無事に旧年中に見ることができました。
一部の人たちにはあまり気に行ってもらえなかったところもあったみたいな、でも、かなりお決まりのアウトラインの物語だったのですが、私はとっても楽しめました。

もちろん芳雄くんのエルチューもけなげで、何より、ホント彼がこれまでの仕事では歌うことのないタイプの歌、マリアッチをしっかり歌ったところはもう!ひと足早いお年玉なのか、少し遅れたクリスマスプレゼントなのか!とまで言うと言いすぎですが、楽しかったし、あそこまでそっけなかったサクラが落ちるのに十分の説得力でした。

何かとCarsと比較されますが、私は最初からある程度いい子のダスティは主人公として嫌いじゃありません。むしろ好き。
ってことで、結構楽しめました。

自主的2本立て映画鑑賞の対が「永遠の0」って組み合わせはいかがなものかと思わなくもなかったけど、ま、良いでしょう。
「永遠の0」の方は、日本映画の小説原作物は正直鬼門だと思っていたのですが、これは「小説以上でも以下でもなかった」できでした。←これ、かなりほめ言葉。

さて、何だかんだで年末には掃除機が壊れてみたりのバタバタありの中でしたが、日付が変わってそうそうにこんなラッキーを引き当ててみました(笑)。
d0163216_9113158.jpg


ほう、幸先いいじゃん。なんですが、現実は色々と。

お正月早々、日本の北と南からおいしいものが届いたりと、Happyもありましたが、ちょっと痛かったのは、年末の掃除機事件が引き金になったある出来事。

掃除機を買い換えるかどうかもあったので、新年早々に家電品店へ出掛けて、ついでに秋の台風以来見えなくなったBSを何とかするというか、20年酷使してだいぶ危なそうなアンテナを一気に刷新!と相成りまして、お願いしたのですが……結構な出費でした、いきなり。
ま、でもそれは必要な出費なのでいたしかたないのですが、工事のタイミングが……芳雄くんの『イーハトーボの劇列車』の放送時刻にかかってしまいまして、出だし40分ぐらいが録画できませんでしたとさ(涙)。

いやいや、でもきっと10年に一度のラッキーがこの先待っているはず!?
[PR]
by a_bear_in_woods | 2014-01-06 09:15 | Greeting

とりあえず、生存報告!?

うわぁ~、2カ月以上期間が開いてしまった。
もはや、生存報告をする意味がないくらい、きっとここには誰も来ていないに違いない。

「劇列車」の観劇記録も書いてなければ、StarSの記念すべき日本武道館ライブの報告も書いていません。
今さら書く意味があるのかどうかも……

ちょっと今までにない大きな仕事を頂いて、そっちに時間をすっかり取られていて、特に武道館ライブから後はかなり怒涛の日々。

それと、私は文を書くことは好きだと思っていたのですが、どうやら一日に書く量に限界があるようで……別に時間とかの物理的な限界じゃなくて、気持ちの問題かな。
ある程度の文章をまとめて書いている時は、それに満足してしまって、ここまで書く余力がないというか……


ともかく、そんなこんなで2カ月がたっていました。



今日は実は久々に実家に顔を出したのですが(車で5分なのにね)、そこで母が
「芳雄くんは最近は仕事をしてないの?」と恐ろしいことを!

そんなぁ、あんなに忙しく仕事をしまくっているのに!
あ、最近誘ってなかったから?と思ったら、母は実はA新聞の夕刊の演劇評などの欄に芳雄くんが出ると切り抜きをしてとっておいてくれているのですが、それがここ数カ月なかったとのこと。
『二都物語』はもらったので、そのあとね。

こまつ座が扱ってもらえてなかったのはちょっと意外でした。
それとあんなにTVとかの露出も頑張ったStarSの活動も新聞だけを見てると気がつかないのね……ちょっと残念。
とりあえず、3月は私もゆっくり観劇できるはずなので『Daddy Long Legs』に一緒に行こうかな。

Planesの宣伝はもちろん、してきました(笑)。

やっぱり劇場での初日あいさつあるんですね。
六本木ヒルズかぁ~

あ~、21日ね、実はヒルズに行く予定ではあるんですよ。
美術館にね。

すっごく複雑な気分ですが、ごめんなさい。スヌーピーを優先します(爆)。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2013-12-13 21:07 | Greeting
今年もよろしくお願いいたします。

年末から年始にかけての写真を少しUPして華やかにしてみます(笑)。

まず、遡って我が家のクリスマスツリー。
d0163216_11331087.jpg


いつものことですが、本日もまだ飾っています。
さて今年はいつ片付けるのかな(汗)。

そして、クリスマスプレゼントよろしく届いたのがこれだ!
d0163216_11341718.jpg


kindle paperwhite。
実際の本でも読みかけが山積みなんですが……うん、でもうれしい楽しい。
紙の本と使い分けで楽しんでいます。

d0163216_11355198.jpg


そして今年のケーキ……お手製……ではありません(笑)。
四角くてもシフォンケーキはシフォンケーキでした。
この後、このイチゴの他にラズベリーやらブルーベリーやらテンコ盛りでいただきました。
来年か、自分の誕生日にはまた自分で焼こうかな!?たぶんね

さぁここから新年です。

d0163216_1137361.jpg


何となくお節っぽく見えますか?完全なるなんちゃってお節です。
お魚は義妹からお歳暮でもらった「きびなごの黒酢煮」。尾頭付き、なんちゃって(笑)。
栗きんとんに見えるのは、これまた友人に先日いただいた小布施の栗かのこ。

そして、いつものお雑煮。
d0163216_11395682.jpg


食後はこれまたいつものビーチを散歩
d0163216_1471636.jpg


とっても良い天気で気持ち良かったです。

でもって、こんなきれいなseaglassも拾えました。
d0163216_1482018.jpg

[PR]
by a_bear_in_woods | 2013-01-02 12:38 | Greeting
ほとんど放置同然のブログですが、2012年も好きかってに書いて楽しませていただきました。
ありがとうございます。

2013年もこんな感じですが、どうぞよろしくお付き合いください。

そして、なにより実り多い良き一年となりますように。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-12-31 19:03 | Greeting
TVで専門家と言われる方々が「余震は本震が大きいほど、大きく、頻度は時間とともに減るけれど、その時間も長くかかります」って全然うれしくない話をしてくださっています。

それはそうだし、色々気をつけていなければならないことはたくさんあります。
先週の東北の大きな余震では、東北で再び停電になった地域も少なくなかったようですし、昨日の我が家に近い方での大きな余震でも、いわき市などはせっかく出るようになったばかりの水道がまた断水したようです。

他人事じゃなく、私たちもまだまだ油断することなく備えておかないといけないと思い知らされたここ数日です。

しかし、それはそれ、これはこれで、私の髪の毛は野放図になりすぎて、手入れの悪い犬のようになりつつあります。
来週には人に会う約束もあるし、5月には仕事も再開する予定です。
そろそろちゃんとしなくちゃね。
(実は先日、仕事関係の人に街で出会ったのですが、地震以降の動きやすさ重視の超カジュアルモードだったら、気がついてもらえなかったし(汗))。

ってことで、今朝、余震の余震がまだ続いてグラグラしているさなかでしたが行きつけのサロンに電話して、昼過ぎからの予約を取りました。

完全予約制なので客は私だけ。

地震以来初めてなので、まぁお互いにどう過ごしてたかや、こういうお仕事だもの水が出なかったら商売にならないよねなどとおしゃべりしながら、カットとカラーリングの施術をしていただき、いよいよカラーの薬剤をシャンプーで落もらっているその時、

ぐ~らぐらぐらぐら づら~~~~っ。
ぶ~~ぶ~~ぶ~~ぶ~~(携帯の速報、地震に追い付いていません)
ぐらぐらぐら

うぉ!
って思わず悲鳴出ちゃいますね。

割と短い時間だったのですが、揺れが収まってシャワー再開したらお湯がだんだん水に……

「あ~、ガスの安全装置働いちゃいましたね」
「ってことは、震度5ですかねぇ」

シャンプーは奥さんが、カット他施術のメインはご主人という夫婦で営んでいるサロンなので、シャンプー中には手の空いているご主人が外に出て安全装置を解除して来ました。
幸い、湯沸かし器がまた動き出して、ちゃんとシャンプーは流してもらえましたw

そうこうしている間に、ご主人がネットで確認したところ、震度5弱だったらしいです。

まったく油断も隙もないとはこのことか!?
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-12 15:35 | Greeting

春はやってくる

近所のあんず並木の花がほころび始めました。
まだまだつぼみが多いけど、暖かい日に一気に満開になりそうです。

d0163216_2084483.jpg
d0163216_209491.jpg


そして、あんずの次には桜です。

大変な3月だったけど、春はちゃんとやって来ています。
電車ももうすぐ来るようです。
もしかすると桜より早いかな。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-04 20:10 | Greeting

「いかなご」と「再生」

なんだかいろんなことがありすぎた3月がついに終わろうとしています。
自分の誕生日も見事に渦中だったから、どうも年齢を一つ重ねた自覚が無く、年齢記入欄で詐称してしまうのではないかと心配です。

と、冗談も言える日々を過ごしてます。
個人的なレベルで言えば、本当に限りなく日常に近づいて来ています。
もちろん、家の中から一歩出ると、外には崩れかけた塀、瓦が落ちかけてブルーシートをかぶせられた家、壁の落ちた家々、そして、変わり果てた海辺の景色……
それは全て現実の物です。

でも、立ち止まってばかりはいられません。
復活できた人たちから、今度はまだの人たちを助けたり、日本の経済を元気に回すお手伝いをしなくてはなりません(とはいえ、仕事は自宅待機中ですが)。


実はこの地震が来る前の今月の初め、虫の知らせでは全くなく、単に季節の風物詩の話と結びつけた形で、阪神淡路大震災の話題を「別邸」と呼んでいる場所でしていました。

その内容は、阪神淡路大震災の当時、ご主人の実家が被災地域にある友人が近所に住んでいました。
Mちゃんとしておきましょう。
Mちゃんは良いお嫁さんとして、いろんな必需品をご実家はじめその近くに住まわれていた親戚の方に懸命に送って、手助けをしていたそうです。
幸い、ご実家も御親戚もちょうど今の季節には落ち着き始めていたようです。

この季節、神戸のあたりの人たちの風物詩に「いかなごのくぎ煮」を炊く(そして贈り合うらしい)というのがあるそうです。

私がそれを知ったのは、Mちゃんの援助に感謝した親戚たちがどどーっと、その「いかなごのくぎ煮」を送って来て、そのおすそわけのお相伴にあずかったからでした。
それはそれはとってもおいしくて、私はすっかり「いかなごのくぎ煮」ファンになって、たまたま当時関西に在住していた兄にお土産に頼んだりしていました。
でもね、買ってきた「くぎ煮」はなんかちょっと違うんだな。

なんて話を「別邸」でしていたら、この震災。

心優しいネットでの神戸のお友達が、ぜひ「くぎ煮」を支援物資として送りたいと、すぐに声をかけてくれました。
でも、私は、せっかくのおいしいものをこんな混乱の中で、味も判らずに食べるのは忍びないので、少し落ち着くのを待ってほしい、とお願いしました。

私のわがままを快く聞いてくださって、色々と落ち着き始めた先日、約束の「くぎ煮」が私のもとに届きました。

明日4月1日、頂いた「くぎ煮」を食べようかな、って思っています。
そして、私にとって「くぎ煮」の味は「震災」の味ではなく、「再生」「スタート」の味として、ずっとずっと記憶に残しておきたいと思っています。

きっと16年前の「くぎ煮」がおいしかったのも「再生」という味が入っていたからだと思うから。


さて、停電復旧以来、毎日更新してきたこのブログですが、そろそろ少し間をあけての更新にしていこうと思っています。
自宅待機の仕事の方も、少しずつですが先が見えて来たので、そっちの準備もまじめにしないとなりません。

ってことで、またさぼりがちになるけど、時々様子を見ていただけると幸いです。

そして、読んでくれて、励ましてくれてありがとうございました。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-03-31 16:03 | Greeting

今の私にできること

今日、無事に車にガソリンを入れることもできて、これで自分の身の回りだけを言うならば、ほぼ、地震の前と変わらない生活をできるようになりました。

もちろん、完全に前と一緒とは行きません。
電車が来るのはまだちょっとだけ先だし、通勤通学用の各駅停車がやっと戻ってくるのですが、長距離の特急まではまだ時間がかかるのかもしれません。

私の仕事も本来ならば来週あたりから始まるはずでしたが、どうも約1カ月後ろにずれることになりそうです。

市内でも家を失った人たちもいるし、家の中がもっと大変だったり、家業の継続が困難な人たちもいるのですから、私はとても恵まれている方です。

かといって、今、困っている人たちにできること、これもなかなかありません。

物流が戻って来たといえ、それは私たち自身の生活を立て直すためで精いっぱい。
まだまだどこかへ新しいものを買って送る、って感じではありません。

でも、TVで避難所の様子を見るにつけ、気になっていたのは子どもたちのことです。
何もない中に、それでも遊びや友達を見つけて、健気に大人たちの迷惑にならないように我慢しながら過ごしている様子が伝わってきます。
小学校などに避難していれば、なにか読んだりする本や遊び道具も残っているかもしれないけど、そう言う場所じゃない場所に、着の身着のまま逃げ込んだ子どもたちは、なんにも持ってないでしょう。

そんなにたくさんあるわけじゃないけど、私の持っている絵本たち(読み聞かせの活動に使っていたので、大人になってから購入したものでみんな新品同様に綺麗です)が何か役に立てられないだろうか?って。

もちろん、私たちの市でも家を失った子供たちもいるでしょう。
でも、幸い、学校や図書館は無事です。あ、でも図書館はお休み中ではありますが……だけど、津波でぬれたわけじゃないから、本はきっと無事。
きっと、図書館の本でも大丈夫。
私も最近は仕事の都合で活動できないことが多いし、もし、出番が来たとしても、図書館や仲間の本で十分しのげます。

そう思いたって、先日ネットで「絵本 被災地 送る」で検索をしたところ
「子どもと見る風景」というサイトで「みんな、おなじ空の下で ひがしにほんに本をとどけよう!」と言う活動に出会いました。

被災地のこどもたちのために、本を送りませんか!

そこに連絡をとって、私の本たちは東京のある自治体を通して、被災地の一つに他の援助物資とともに運んでもらえる手はずがつきました。
荷造りしてあるので、これからその東京で私の代わりに届けてくれる方にこれから送りに行きます。

上であげた団体以外にも、日本ユニセフで「ユニセフ ちっちゃな図書館」と言う活動で4月5日まで絵本を集めています。

どちらの活動も送る本にそれぞれにいくつかのお約束事がありますので、興味を持った人はぜひ、その注意を良く読んで、参加ができそうだったら検討してみてはいかがでしょう?

また、皆さんの自治体からどこかの被災地に送られる支援物資の中で、お家の中にある物でも役に立つものが何かあるかもしれません。

私が今回、「みんな、おなじ空の下で ひがしにほんに本をとどけよう!」に本を預けようと思ったのは、「お家にある、自分の好きな本を」というところでした。
特に、私の今の立場は新しいものを買って送る、という立場ではまだないので。
私の近所のお店で手に入る絵本は、この近所で絵本を欲している子どもたちの物だからです。

仕事が始まったり、もう少し、落ち着いてきたら、地元には義捐金や地産地消を今までより意識するなどの形で貢献できればいいな、と思ってます。

いま、まず自分のできる範囲で!です。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-03-30 15:58 | Greeting
今日も最初はいいニュースから


JR常磐線 勝田まで31日再開 通常の5割程度の運転
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20110329/CK2011032902000050.html

当初に言われていた予定よりは少し早まっているようです。
電車が我が家にも近づいて来ています。桜の開花とどっちが早いかな。

-----------------
いつもいつも、能天気な話で申し訳ありません。今日もです。

タンスや冷蔵庫が歩いていた割に、破損したものがわずかに香水瓶1本と報告した我が家ですが、実はもう少し壊れたもの、散らばったものはあります。

リビングのオーディオラックの上に、震度5でも危ないだろうなぁ~、って状態で積み上げられていたCDを床の上に散乱していました。

これもまた取り急ぎで当日のまだ日が沈まないうちに、床の1か所にまとめておきました。
何かあった時に足元がぐちゃぐちゃでは危険がましますからね。
かと言っても、元のところに戻したら、また揺れたらチンガラですので。

その時、何枚かのCDはケースが破損し、中身がちょっと飛び出したものもいくつかありました。
ケースにひびが入ったものは確認すら面倒。
しかし、このケースの破損率はちょっとした偏りがありました。

クラシック(細かく言うとバロックだ)のCDだと、全曲入りだと2枚組、3枚組なんてCDがいくつかあります。
また、困ったことにそう言うCDに限って、CDラックのようなものに納めにくくて、勢いラックの上に積み重なって行きます。
ってことで、落ちた数も多かったんだろうけど、落ちてた中でもケースの破損は2枚組、3枚組に大きく偏っていました。

片付け中にすでに思いだしていたんだけど、実はその中に、数日か週週間前、私がCDをを出し入れしている時に、開け方が判りにくくてうっかりケースを破損したんだけど、夫には内緒にしていたCDもありました。案の定、ぱっかり口をあけてCDを吐き出していました。
とりあえず、それも他の中身が飛び出したCD同様に、一見元の状態に戻して仮置き場へ。

数日後、少し落ち着いてきたところで、夫が落下していたCDを片付けて、ケースの破損がひどいものは代わりのケースに入れ替えたり、またCDそのものに傷が入ったものは、修復する道具を使って研磨していました。

で、夫が一言
「やっぱり特殊な形のCDケースは弱いねぇ」
もちろん、私は沈黙を守り通しましたとも。

さて、すっかり片付いた我が家の中で、まだ1部屋足の踏み場が確保できていない部屋があります。

それは本部屋。

天井近くまでの棚を設置して、天井と棚の隙間もほとんど本やら資料で埋め尽くされているので、それらが突っ張り棒以上の働きをしてくれて、棚本体が倒れたり、ずれたりはありませんでした。

でも、2重にして本を入れているところなどからは、さすがに本が落下してきていました。


でも、足の踏み場が無いのは地震の前からです(汗)。
ええ、悪いのは私です。

ってことで、今日は少し暖かいので、これから本部屋の整理に行ってきます。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-03-29 08:59 | Greeting
http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/1074917511.html

震災中ライオン赤ちゃん誕生

茨城県内の市営の動物園です。
先週から再開して4月10日までは無料開放をしています。

昨夜はNHKローカルで動画ニュースだったんだけど、ネット上ではまだ動画が見つけられません。検索女王たちにお任せいたしますw
昨日は、来園者たちが抱っこさせてもらっていたようです。

ニュース画像を見ていたら、けっこうたくさんの人たちが来場していました。

いろいろと、良かったなぁ~って思ったニュース。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-03-28 09:27 | Greeting