もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Music( 7 )

d0163216_13485298.jpg


今年初の大きなクリスマスツリーはオペラシティでした。

芸術の秋は一旦終了したかに見せかけて(謎)、どうやら月一ペースに落としただけのようです。
今月は何の予定も入れてなかったので、新聞の広告で興味を持ったこちらのコンサートに出掛けてきました。

ポイントは多分オールベートーヴェンだったことだと思われます(つまり選んだのは夫であって、私ではない。)
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第7番 ハ短調 作品30-2
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第8番 ト長調 作品30-3
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 作品47 「クロイツェル」

たまたま、我が家にはCDが無い曲目が前半は続いたので、なかなか新鮮に聞くことが出来ました。
それにしてもベートーヴェンはドラマチックだなぁ。

オペラシティのコンサートホールは昨年に続いて2回目。
今度は2F席にしてみよう!と思い立ち(と言うか、たぶん1Fは残って無かったかも)、割とよさそうな場所を選んだつもりだったのですが、実に舞台が見えない。
特に今回のような演奏者がミニマムだと立ち位置によっては手すりが邪魔で見えない。

ま、いいや、聴きに来たんだし、ってことでもう舞台を見ることは途中であきらめました。
TVカメラが入っていたので、後日、どっか(ってNHK-BSぐらいか?)で見られるのかもしれません。(資料映像ってこともあるか?)

今回は季節的なこともあって、楽章の合間での咳払いが激しい、激しい。
でも、神尾さんはあんまり気にする人じゃないのか、けっこう強引に次に行きます。
ま、曲が始まれば皆さんも咳を何とかして止めるので良いのですが、が、が、

咳が止まらないからとアメちゃんを舐めるのはどうよ?
いや、舐めるのは良いよ、それで咳が止まるなら。
問題は飴の包み紙を解く音!
今回はこれがホントにひどかった。
もうね、殺意が湧くかと(っていうか、隣のお嬢さんからは殺気を感じた(笑))。

ああ、だれかコンサートや観劇用に音のしない飴包みってのを開発してくれないかな。
あと、あのチラシを入れてくれるビニール袋も滑りにくいものにしてくれないかな。
あれも、膝から滑り落としたり、足元で倒したりでノイズの元だよね。

なんてことを考えながら聴いては行けませんね。

そうでもね、飴にはアイディアが!
歯磨き粉みたいなチューブに入れた水あめではいかがでしょうか?
キャップはもちろん落ちないようにしてね。
どう?誰か作って劇場で販売してみませんか?

アンコールはモーツァルトとラヴェル。
ラヴェルはめっちゃくちゃ技巧的な曲で、ちょっと余韻が切られた感じ。
アンコールってそういうものなのかもしれないけど、それまでの雰囲気とあまりにガラッと変えちゃうのってどうなのかな?
特にせっかくオールベートーヴェンとかオール誰々とかの時に、まったく別系統の演奏で〆られるとちょっとガッカリ。

しかし、ブラボーの掛け声がとても揃っていて、まるで親衛隊の様と思ったのはここだけの話(笑)。

時系列が変になりますが、この日はホールに辿りつく前にとあるプレイガイドへ。
同じ初台の新国立劇場で3月に上演される『アイーダ』の一般発売日だったのでチャレンジしてみたんですが、噂以上の瞬殺でした。

そうそう、オペラと言えば(?)、沢山いただいたチラシの中に懐かしのサントリーホールの『成人の日コンサート』のチラシが入っていました。
今年は田代まりお君が出るのね。ふーん。
オペラ座の怪人をベースにまりお君はファントムで他のオペラ歌手の方たちはオペラを歌うのかぁ。

芳雄くんがあのコンサートに出たのってもう何年前だっけかな?
あの時のサントリーホール体験が最近のホール巡りのきっかけだったような気も……

そして、この日の外出の〆は初神楽坂。
すっかり日没してから現地に着いたのですが、人と飲食店の多いことにびっくり。

本当に細い路地の先にまで面白そうでおいしそうなお店の数々。
いいなぁ~、オエドって(笑)←いや、財布がモタナイケドネ。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-11-26 14:11 | Music
備忘録につき、おそらく忘れた頃に中身は書くと思う(汗)
[PR]
by a_bear_in_woods | 2012-10-19 20:25 | Music
9月22日の木曜日にNHK BSプレミアムで「究極の食、巨大オヒョウに挑戦 ~アラスカ・ベーリング海~」と言う、開高健の未公開映像や音声を使って構成された番組が放送されました。

その中で、時々背景に流れていた音楽が、サックス(バリトンかテナーかが不明)で演奏されたバッハの無伴奏チェロ組曲でした。

この番組自体をはじめの30分しか見られなかったため、クレジットで音源を確認することができませんでした。
ネット上でも検索したんだけど、今のところ言及しているところがありません。

2種類ほど候補は見つけて、ネットで視聴してみた感じでは、私はバリトンのあの人のかな~って思ったんだけど、夫はテナーのあっちの人のだと思うと、意見が割れています。

もしも、録画してある人がいたら、クレジットを確認して教えてもらえないかなぁ~。
もしくは、聞いていてあれは「バリトン」あるいは「テナー」であの人のはず!って断言でも良いです。

再放送を待つしかないかなぁ……


さてさて、なんとこの問題、解決しました。
友人の一人が番組制作会社テレコムスタッフ」のサイトを見つけてくれました。
でもって、そちらのブログで番組のことも紹介しているし、過去にも番組で使われた音楽に関する問い合わせにブログのコメント欄で答えていることも発見。

と言うことで、私も早速質問したところ、素早い回答をいただきました。


(タイトル) 無伴奏チェロ組曲1 プレリュード (バッハ)
(テナーサックス演奏) 清水靖晃
(CD)Victor VICP-235

でした。

夫が正解でした。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-09-25 16:34 | Music
7月はバロック強化月間?
それとも初めてのホール探訪月間?

ということで、TVで見ていたけど、初めてのホール、紀尾井ホールに行ってきました。
えっ?ホールがメインかって?いえいえ、もちろんそんなことはありませんが、でも、なんて言うかゴージャスなホールでため息が出ましたね。
木の質感が素敵なホールの壁にアクセントのような白い天井。そしてその天井から下がるきらびやかな6台のシャンデリア。
ホワイエは絨毯が敷き詰められてゴージャスな空間でした。


そして、かんじんのコンサートですが、カウンターテナー歌手であるフィリップ・ジャルスキーがヴィヴァルディを歌う内容でした。
カウンターテナーの生の歌声を聞くってこと自体が実に初めて。

プログラムやフィリップ・ジャルスキーの経歴等は私が書くと「にわか」がばれまくりますので(笑)、そのあたりはプロモーター(サモンプロモーション)のサイトをご参考にしてください。彼の歌声も楽しめます。

前半は宗教曲を後半は歌劇のアリアと言うはっきりとテーマを区切ったコンサート内容でした。
彼の声の性を超えた美しい声は宗教曲にとても合っていました。
好みがあるでしょうけど、やはり私はアリアの方が華やかで楽しかったです。
ともかく、きらびやかなホールの空気をなんとも非日常的な声がふるわせていると言う贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

コンサート本編中の曲もどれも素晴らしかったのですが、実は私が一番感動したのはアンコールの1曲目。
歌い出しの長く伸ばした声が本当に美しく、その後も豊かに伸びる声に歌詞などに関係なく、ただただ涙が出てきてしまいました。
同じ曲を別なコンサートでやはりアンコールで披露した際の音源をyoutubeで見つけました。

あれ?このブログってyoutubeの画像を埋めこめられないのかな?

また、アンサンブル・アルタセルセの演奏も、ジャルスキーの伴奏にとどまらない素晴らしいものでした。1部にも2部にもそれぞれ協奏曲が組み込まれていて、彼らが主役になっているのですが、それが本当に「主役」になっていて、しっかり引き込まれました。
特に、今回ファーストヴァイオリンとヴィオラ・ダモーレを担当した方の演奏がそのヴィジュアルも込みで情熱的で目が離せませんでした。
彼は全体の指揮を務めてもいるようなのですが、何せ楽器を演奏しているわけですから、全体への支持を体全体を使って表していました。
休符の後に全員でそろって音を出すような所では、体を大きく使って合図をするのですが、入り始めがピアニッシモの時は大きく伸びあがった後にすぐに小さくなって、と良く動く体全体が音楽を表現していました。

そうそう、演奏している時の姿と言えばジャルスキーも興味深かったです。
楽器の演奏にしろ歌にしろ、これまで目にして来た演奏者たちは体の力を込めるのに、いわば丹田に力を入れる感じに、スタンスを広めにとり、重心を下に置いて安定した姿勢を作る方が多かったのですが、ジャルスキーはそれとは逆でした。

最初からやや狭い足の開きで立っているのですが、高音域に入ると更にその足が寄せられ、ほとんど「気をつけ」のような姿勢になり、下半身は1本の細い木の幹のようになります。(スタンスの広い演奏家の場合だと開いた2本の脚は地面に下ろされた根っこのような感じです。)
そして、上半身がその細い幹の上でさらに上に伸びていくように動き、シャツを通して彼の肉体がある種の楽器のように動く様子が見て取れるのです。これはちょっと初めてのタイプでした。
他のカウンターテナーや高音域を出す歌手の人もそうなのかな?

ともかくともかく、贅沢なコンサートでしたが、ちょっと残念なことも。
私の偏見かもしれませんが、バロックのコンサートではオジサンからおじいさん(汗)の年齢層の男性客が多い気がこれまでしていたのですが(特にバッハ)、今回は客層がちょっと違ってました。
女性客が多い!これちょっとびっくり。

う~ん、だけどなれてない人が多かったのか、それともあまりに素晴らしい演奏過ぎて聴衆も熱気に気持ちが早ってしまったのか、拍手のフライングが多発。
そこはまだ終わってないよ、拍手じゃないよ、ってタイミングのも困ったもんだ、だったのですが、全体的に余韻が消えきる前に拍手(と掛け声)がかかる傾向にあって、もうちょっとゆったり味わいたかったです。

ついでに言うと、実はzzzって音にも今回は悩まされました(汗)。
まぁ、演奏が魅力的だったので「ひどく」は気にならなかったけど、でもね……

さて、今回はちゃんと良く見える眼鏡とオペラグラスを持って行きました。
目玉の楽器は前出のヴィオラ・ダモーレとテオルボ(リュート)。しっかり見てきました(笑)。
あ~、でも前の見逃した楽器が改めてもったいなかった。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-07-25 12:54 | Music
久しぶりにバロックコンサートに出掛けてきました。

ここに書き忘れていた10月のNHKホールのアーノンクール指揮、ロ短調ミサ曲以来かな?
3,4月に楽しみにしていたコンサートが中止になってしまっていたので、コンサートに出掛けられること自体がけっこうな楽しみでした。

それと、2,3年ぐらい前からかな、TVの放送で良く見るコンサートホールで実際に聞いてみよう、と言うミーハーなモチベーションも絡んでいまして(笑)、今回のオペラシティはそれも含みでまた楽しみでした。

本当は2度目のオペラシティになるはずだったんですけどね。
4月は同じオペラシティでレッドプリーストでノリノリのヴィバルディの予定だったのに……残念。

さて、肝心のコンサートの話を書かないでどうする、ですね。
曲目はバッハのブランデンブルク協奏曲から第2、第3、第5、第6、それに三重協奏曲。

前出のアーノンクールもそうですが、クイケンも古楽器(ピリオド楽器って言うらしい、と最近学んだ)を使っての演奏にこだわる音楽家です。

NHKホールの時は2階席からでせっかくの珍しい楽器、特に管楽器が良く見えなくて、オペラグラスを持って行かなかったことをちょっと悔やんだのですが、またやっちゃいました(汗)。
今回は、眼鏡すらいつもの観劇用のちょっと遠くを見やすい眼鏡を持たずに行っちゃいました。

そしたら、今回はなんとナチュラルトランペット(ってバロックトランペットとどう違うんだろう?とか、あれ?10月のロ短調の時のホルンは“バロック”?”ナチュラル”とか知らないことがたくさんあるなぁ)の登場です。
私のつたない知識でも、あれは奏者の唇の振動で音程をコントロールする超絶にハードな楽器!
うわぁ~、演奏している姿をもっとしっかり良く見てみたかったぁ~

と、またしてもヴィジュアル的に後悔。だけど、1階席の真ん中あたりのサイド席から周りを見渡したところ、さすがにオペラグラス持参の人は見えなかった。

古楽器の金管楽器が出てくると、どうしても緊張しちゃうのですが、余計なお世話ってやつですね。
オーボエも古いスタイルの物でしたし、それとリコーダーが使われていたのが良かったですね。
リコーダーの音は好きです。

更には今回はもう一つ、初めて見た楽器が。
ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ
発音できる自信がありません。

名前から想像がつきそうですが、ヴァイオリンとチェロの間の楽器です。
ビオラよりもさらに大きくて、ちょっともっさりした形です。
何よりも目を引くのはその楽器の構え方です。
首からかけるのですが、ストラップは短めで、なんだか寸足らずのギターが首の近くに下がっている感じで、それを弓で演奏するわけです。

うわぁ~、眼鏡、オペラグラス……ないんだった(汗汗)。

今回の演奏会ではもう一つ珍しいことが。

なんと演奏中にソリスト シギスヴァルト・クイケンのヴァイオリンの弦がパチンと音を立てて切れてしまいました!!
演奏は一時中断、弦を張り替えてシギスヴァルト・クイケンが再登場するまでは微妙な空気と時間が流れましたが、戻って来て、チャーミングな笑顔で短い謝罪ののち、その楽章の出だしから演奏再開。
なんだかその前の張りつめていた空気が少し和らいで、一層音楽に気持ち良く入って行けた感じがしました。

演奏も楽しんだし、初めて見た楽器あり、そして初めてのホールと物見遊山的にもとても良い時間でした。

そうそう、ここのホールは面白い天井の形ですね。三角錐とでも言えば良いのか、天井に向けて狭くなっていく形も面白かったし、何よりステージ上方の天井がガラスの採光窓になっている点。
でも、演奏中はガラス窓はスクリーンで光が入らなくなるんですね。
なかなかモダンで素敵でした。

さぁ、今月はもう1回、初めてのホール巡りです(笑)。
今度は紀尾井ホール。
紀尾井町って場所自体がなじみが無い場所なので、無事に辿りつけるかも含めドキドキです(汗)。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-07-05 09:06 | Music
食べ物などでも意外な組み合わせで新しい美味が!なんていうのが最近よくあるけど、パフォーマンスでもやっぱりそう言う試みは色々ある。

組み合わせを聞いた時には??って感じでも、実際に聞くと「ほぉ~、へぇ~」ってなるみたいな。


柔軟な気持ちで受け止めれば、きっと楽しいのかな?

って、いきなり何の話?ですね。

井上芳雄くんが和太鼓のライブにゲスト出演!という意外な組み合わせが昨夜と今夜、繰り広げられていたのだ。

プリンスとは言わないけど、洋ものの作品が多く、そもそも西洋音楽の世界の芳雄くんと和太鼓……意外、意外、全然結びつかない。
想像もつかない。

っていうか、そもそも私にとっては和太鼓のパフォーマンス自体が未知の世界。


未知の世界は体験してみなきゃ?

う~ん、でもね元々「ゲスト」のを見に(聞きに)行くのはあまり乗り気じゃないし、スケジュールもムリなんで見送り。
うん、そのうちどっかで様子が判るよね、とのんきに構えていたのですが、どうやら素晴らしかった様子です。

どんなかな~。
と、半ばわざとらしくここでおすそわけのレポートを待つことにいたしましょう(笑)。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-05-20 22:46 | Music
このまま今月の出来事を書いてしまうと、ますますこのブログが単なる年寄りの体調不良ブログになってしまうので、ちょっと前のお遊びの報告を(笑)。

「突発性難聴」で聞えの良い悪いをウロウロしていた時期に、ドクターストップもなんのそので出かけてきました(汗)。

そもそもは、とあるところからこの丸の内にある大人空間Cotton Clubのギフト券を頂いたのがきっかけ。
ジャズのライブハウスという我々夫婦未踏の地(あ~、ライブハウスって言うので言えば私だけなら行ったね、芳雄くんのおかげで)に出かけてみようと10カ月近くあれこれ悩んでおりました。

と言うのは、我が家にもジャズのCDは何枚かはあるんだけど、ほとんどがすでに鬼籍に入られた人たちの物ばかり(汗)、いま、東京に来てライブをしてくれる、あるいはそもそも日本で活躍しているジャズミュージシャンになじみがなかったので、どうやって行く日を決めようかというのがこれが大きな課題に!

そうそう、これまた芳雄くんのおかげだが、数少ない知っている日本人ジャズミュージシャンの島健さんと島田歌穂さんのライブももちろんCotton Clubで毎年あるようなんだけど、スケジュールが合わなかったので。

そうそう、音楽の好みもさることながら、スケジュールも楽じゃなかった(汗)。

ともかく、とりあえず好みでいえばできればピアノトリオ、あ~でも女性ボーカルも良いな(夫の好み)、男性ボーカルグループってのもとっても魅力的(私の好み)、ってことで、たびたびCotton Clubのホームページをチェックしていたのだけど、なかなかこれだ!ってのが無いまま時間が過ぎていました。

NICHOLAS PAYTONには大変申し訳ないことながら、最初はトランペットとか管楽器系はチェック候補にも入れてなかったのですが、スケジュールがすっごく都合良かったしで、彼のデモを聞いてみたら、これが素敵!
なんて言うか我が家で聴くような少し時代の古き良き空気も併せ持って、大人の楽しみを感じさせてくれそうな演奏だったので「よし!このパフォーマンスに決定!」と決めたのは6月の頃だったかな。

そんなこんな(?)で楽しみにしていたCotton Clubだったので、文字通りの万難を排して出かけて来たわけです。

さて、当初ライブハウスに期待していたのはムードと音楽そのものだったわけですが、出かけてみてそのムードはもちろんなんていうか普段はなかなか味わえないオシャレさと大人の遊びを感じさせてくれる場所でした。
でも、意外に若そうなグループも来ていたのでへぇ~、って感じもしたけど。
テーブル席でつまみと飲み物ぐらいにすれば、意外に予算的な敷居は高くないかも、とも改めておもいました。

でもって肝心のパフォーマンスですが、全く不勉強で行った割にはとっても楽しめました。
デモを聞いたとおりの心地よい演奏だった上に、スタンダードで私のよく知っている曲もあったりとふところの深い音楽で、気持ち良い時間を過ごせました。
面白かったのがパーカッション!ともかくいろんな打楽器を屈指してる演奏で、ユニークな楽器や演奏方法があるのに、なんだかプレーヤーの人は淡々としていて、そこが不思議と目が離せないと。

一晩に2ステージあるので、実際にはパフォーマンスは1時間前後でしょうか、休憩もなければトークもなく淡々と進んで行きましたが、その分、客も客でその人なりのペースで楽しめる感じでした。

さて、時間的に夕食の時間帯だったので私たちはアペリティフを軽く楽しんだ後はワインをボトルで頼んで(ソノマ、ロシアン・リバー・バレーのシャルドネがリーズナブルな価格でサービスされていたのがうれしかった!)、食事の方もそこそこしっかり楽しみました。
メインディシュはシェアしたい場合は+500円で最初から2皿に盛り分けて持ってきてくれます。パフォーマンスが始まって照明が落ちたあと、狭いテーブルでごそごそするよりは、最初から2皿に盛り分けてくれていた方がスマートなので「えっ、有料のサービス?」とは思ったものの、良いサービスですね。(過去にもそういうシェアの仕方をしてくれたレストランはあったけど、正直有料だったのは初めて)

で、料理の方も予想以上にお味の方も満足いくもので、それほど期待していなかったので(失礼なことでした)、ものすごく満足感の高い食事になったし、おかげでパフォーマンスもより一層楽しめました。
ただ、入れ替え制2ステージ制の1stステージではデザートまで楽しむ余裕がなかったのが残念。

食事がおいしいので、ちゃんと食事もCotton Clubで楽しみたいけど、時間的な感じ言えば終電が気にならないならば(気になるので我が家はできませんが)、先に別なところで軽く腹ごしらえはしておいて、食後の軽いつまみとお酒と、できればデザートなんて楽しみながらライブを聴くのが良いのかな?
結構、ショーの時間ぎりぎりに着席する人たちもいたから、食事は別って人たちが多いのかもね。

ともかく、色々と初めてでかつ楽しい体験ができました。
またチャンスがあれば、とは思うけど結構難しいかな。
行きたいな、って思うパフォーマンスが週の真ん中ってのが結構多いから。

でも、まぁ、それでもまたの機会を期待しておきます。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-08-30 11:44 | Music