もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一年に一度の行事です

毎年、パートナー氏の誕生日のお祝いのケーキを焼いています。

というか、ここ10年ぐらいはこの日しかケーキを焼いていないと言う説がありますが……
そんな頻度なので、毎回作ろうとするたびに、色々と思いだしたり、レシピを探しまわったりとちょっとした騒ぎです。

しかも、ほとんど同じような躓きを繰り返しています。
お暇な方はその歴史をちょっとのぞいてやってみてください。なんと、私にしてはマメなことだけど2004年からブログとしての記録が残っていました(笑)

2004年は残念ながら画像はありません。
2005年完成品の小さな写真だけです。
2006年この年は、気合いが入ってます(笑)。
2007年この年は実況しています(笑)。でもって、レシピの参考や使った材料のほとんどはこの時と同じ。材料の失敗まで同じです。
2008年シフォンケーキで失敗(涙)。
2009年シフォンケーキリベンジ(笑)。

さて、過去の話だけでもたっぷりですが、ここから今年です。
今年もまた2007年と同じ本を見ながらあれこれ考えて、本当はシュバルツバルター風を作りたかったのですが(ダークチェリーの挟まったチョコレートケーキ)、やっぱりダークチェリーが近場で見当たりませんでした。
そこで、冷凍のブルーベリーとラズベリーを使ってミックスベリーのケーキを目指すことに。
スポンジはココアを入れることにして、レシピも決めたら、あ、又しても2007年と同じ失敗が……

使うことにしたレシピでは粉に薄力粉とコーンスターチを混ぜて使うのですが、コーンスターチの用意が無く、片栗粉でごまかしてしまいました(汗)。つぎこそ、忘れずにコーンスターチです(汗)。

ともかく、スポンジ!
d0163216_15532425.jpg
オーブンの中を無事にぐるぐる回ってます。
とりあえず、ちゃんと膨らんでいるようです。
ギリギリで溢れださずにも済んでいるようで、なかなか順調です。

ついでに、今回はお片づけも結構順調。
d0163216_15545688.jpg
うん、安心してスポーツクラブにも出掛けられそうです。
ケーキの熱が取れる間にスポーツクラブに行くのも、ここ数年で習慣化しています。
なにせ、ちょうど年末の最後の開館日とケーキを焼く日が重なるものですから。
それに、年末年始のごちそうシーズンに備えて少しでも動いて置かないとね。

さて、オーブンが焼きあがりを知らせてくれたので、出してみましょう。
d0163216_15573045.jpg

まずまずの感じです。
ってことで、ここでしばしこのケーキはこのままにして、スポーツクラブへ!

あ、その前にもう一仕事!
今年は真ん中にクレーム・パティシエールを入れてみよう!って思いついたのです。
クレーム・パティシエールって言うとなんかすごそうですが、カスタードクリームのこと。
簡単にできるし、クリームはアツアツの出来上がりから冷まさないとならないので、ともかくここまでやってスポーツクラブへGO!

2時間半ぐらいで帰宅して、ケーキの様子を再び見てみると。
d0163216_1602886.jpg

う~ん、ちょっとしぼんだかな?

てっぺんもあまり盛り上がっていなかったので、この半分にスライスしちゃいましょう。
ケーキに打つシロップにはクレームドフランボワーズ(ラズベリーのリキュール)を入れましょう。
うぉ~、香りでちょっと酔っぱらいそうだ(笑)。
真ん中に挟むカスタードクリームには泡立てた生クリームも合わせて、ちょっとボリュームを出すことに。
d0163216_1632146.jpg


う~ん、あんまり見目麗しくない。
生クリームの泡立てがちょっと不足してたみたいです。
とりあえず、ちょっと冷蔵庫で休めることにしましょう。
その間にデコレーション用のクリームを用意します。
デコレーションはチョコレートクリームにするので、生クリームをお鍋で沸かして、削ったチョコレートを溶かしこみます。
荒熱が取れたら、今度は氷水で冷やしながら泡立てます。

今度はちょっと泡立て過ぎたらしい(汗)。チョコレートの力もあって固まっちゃった。

そんなこんなで、側面にはあまりきれいに塗れなかったけど、ともかくこんな感じで完成です。
d0163216_1661187.jpg


時間があれば、あとでカットした姿もUPするかも。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-12-29 16:07 | Foods and Cooking
d0163216_1040371.jpg


写真は帝国ホテルのクリスマスツリー。

せっかくなので、観劇のついでにホテルのツリーめぐり、と言っても帝国ホテルとペニンシュラの二か所でしたが、してきました。
ペニンシュラのベアが添えられたツリーも好きなのですが、いかんせん、あそこのロビーは狭いので写真がとれない(涙)。

さて、本命の観劇は2回目で、最後になってしまった『モーツァルト!』。
ヴォルフガングはもちろん、井上芳雄くん(あ、そろそろ“さん”って呼ばないと失礼かも?)。

ヴァルトシュテッテン男爵夫は前回は香寿たつきさんでしたが、今回は涼風真世
さん。こちらは、バランス良く味わう事が出来てラッキー。

香寿さんの見事な歌声と包み込むような空気も好きですが、涼風さんの時々どすの利いた(?)低音が入ってくる男爵夫人はウィーンの貴族たちの不気味さ、冷たさを感じられて、こちらも好きなので、2回の観劇で両方楽しめたのは本当にラッキーでした。

それと、私自身はこれまではあまりアマデ役の子役にはそれほど注目していなかったのですが、今回は評判の高かった亜美ちゃん。
座席の位置のこともあって、今回はオペラグラスで覗くとちょうどいい感じにアマデとヴォルフガングを合わせてみることができて、なるほど!とその無言ながら気持ちの伝わる目の力にアマデの本当の怖さを見た感じでした。

前回は公演二日目という初期だったので、どうもアンサンブルとヴォルフガングの関係に距離感があったり、コーラスの厚みがもっとあってもなぁ~、って感じでしたが、さすがに楽直前!そのあたりの勢いは期待以上でした。
やっぱり出だしのコーラスが迫力と勢いがあると、そのまま舞台全体が疾走する感じがでて、生き急いだモーツァルトの生涯と重なり合って、見応えが出ます。

今回は、何処のシーンがどう良かった!って言うよりは最後に幕が下りた瞬間に、心にずっしりと来て、いいものを見れて良かった、って思いに満ちました。

個人的には、いったん幕が下りて、カーテンコールで出てくるときの芳雄くんの表情を見るのも好きです。その直前まで役に入り、とくにM!の場合は苦悩の上に命を燃やしつくした青年だったのが、今度は一つの大きな仕事を終えて、満足をしたかのような笑顔で現れる、その瞬間がなんとも好きだったりします。
今回も、いいものを見た!って思ったのちにあの笑顔で、ほんと、良い一年の観劇の締めができて幸せな気持ちが更にUPでした。

この日は、最後はちょうど東京では楽を迎えたアマデと一緒に赤いサンタクロースの帽子をかぶって、芳雄くんが登場し、亜美ちゃんはその演技と同じ、非常にしっかりした楽の挨拶をして、そして、最後にはクリスマスと新年を祝うメッセージもいただけて、本当に幸せな気分で劇場を後にできました。

ついでのことながら、この観劇の後、パートナー氏へのクリスマス兼誕生日のプレゼントをすぐお隣のバカラに買いに行きましたところ、この日はお買い上げのお客様をB barにご招待、という特別イベントをしていました。
どうしようかな?と迷ったものの、せっかくのチャンスだったのでお邪魔して1杯ごちそうになってきました。
ちょうど、劇場の熱気に渇いた喉にとても贅沢な潤いを頂いた上に、グラスのデモンストレーションを見せてもらったりと、幸せで贅沢な時間を上塗り!

なんだか、この一年の慰労をした感じでした。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-12-27 10:59 | Theatergoing

やっちゃったよ(苦笑)

相変わらず、とびとびのブログ更新です。

いろいろと簡単に書いておくと、膝は9月中までは絶好調に回復中だったのですが、やっぱり10月に入って仕事が再開となって、重い荷物を持ったり、ヒールをはいたりする日が続くようになったらあまりよろしくありません(涙)。

とくに10月下旬から11月にかけては水を抜いてもらう事態に2度ほど……
でも、ここ1週間ぐらいは軽い腫れがまだ残っているのだけど、稼働域とか痛みとかの面ではかなり好調になってきました。

ただ、まだ筋力が戻らないので階段の下りは時々かっこ悪いことになりますが。

で、筋トレに行きたいところなんですが、先週末から突発性難聴リータンズと相成っております。シクシク。
もっとも、私の聴力低下パターンの場合、再発する場合もあるというのは多方面から情報を得ていたので、がっかりはしたけど、目の前真っ暗のような落ち込みはありません。

またお医者に行って薬をもらってきたところです。
でもって、薬はちゃんと効いています。
なので、23日の2度目(で今季最後)のM!の観劇には支障はないはず。

そんなこんなのこのごろなのに、タイトル通りのやっちゃったよ、は下のリンク先の件。

http://gineiden.jp/index.html

なにって、恥ずかしくて(謎)書けません(笑)。
興味のある方はリンク先に飛んでみてください。

多方面からのある種のマニアックなお客さんを引きつけちゃったみたいで、チケット取りが大乱戦。
追加公演もあったにも関わらず、私もかすりもせず。←はい、舞台ですね。だからエントリーはTeathergoingです。

ふと、思い立って今日、リンク先の公式ページに行ってみたらなんと「立見席」なるチケットが今日から発売。
まさかもうないだろうとクリックしてみれば、なんとまだあるとな!

ってことで、ふらふら~と、そのまま購入決定しちゃったよ(笑)。

あ~あ、私、何やってんだか。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-12-05 16:08 | Theatergoing

11月の読書のまとめ

11月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:317ページ

本日は、お日柄もよく本日は、お日柄もよく
読みやすいし面白かった。スピーチの極意もさることながら、政治の話も「こと葉」と一緒に、なるほど、って思う個所がいくつかありました。ただ、これが書かれた時の「政権交代」への期待感と今の現実を照らし合わせると物語としての後味の良さとは180度反対側の現状が非常に悲しいです。
読了日:11月22日 著者:原田 マハ

読書メーター


まとめになってないよね、1冊だもの……
情けないけどそう言う日々だってことです。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2010-12-02 19:44 | Books & Comic books