もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新車が来た!

と言っても、自動車じゃなくて自転車(笑)。

でも昨年の秋に私が主に使っていた車を手放して、車を2台から1台に減らして以来、久しぶりの「私の」愛車です。

最近、近場の移動を徒歩にしていたのですが、何と言っても時間がかかる。
う~ん、やっぱり自転車の方が少しは早いよね?
ってところからスタートして、色々と悩んだのですが、今度の私の愛車はこれです。いまどきの折りたたみ自転車です。

最初は電動アシストも考えたのですが、初期の物は登れなかったという話を聞いていたので我が家への急坂を本当に登れるのか?と言う疑問と、充電ができなかった場合や、出先でうっかり電池が切れてしまった場合(私の性格から言って、充電をし忘れで出掛けるってのが可能性大(汗))どうなるか?ってことでした。

考えた結果、最後の上り坂は押すことになるんだろうから、だったら軽い自転車の方が良いだろうという結論にたどり着いて、はやりの折りたたみ自転車をチョイスすることに。

ただね、つい、最後の最後、自転車屋さんでチョイスする時に悪い癖が出ちゃいました。
ちょっとこじゃれたのがあるとそっちが欲しくなっちゃうんですよね。
ってことで、アシスト付き、しかも走りながら充電も出来ちゃうし、折りたためるよ!ってのが買えるぐらいの出費になってしまった(汗)。

先ほど、乗って帰ってきました。
本物の自転車に乗るのは何年振りだろう?最初はかなりドキドキしちゃいました。
ふ~ぅ、さすがに登りは辛いね。もっと脚力つけないと、さすが漕いで上がることは不可能です。
押して歩るくのも慣れるまではちょっと大変かな。
でも、平坦な場所では思った以上のスピード感で快適!でした。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-29 17:54 | Scribbling
そう言えば、この観劇記録を書く間もなく、あの地震が来てすっかりうやむやになってしまってました。

地方公演も終わって、東京に戻って「打ち上げ公演」と言う名の大大千秋楽が昨日終わったと言うニュースを見て思いだしました。

検索で「打ち上げ公演」を目的に来た方にはごめんなさい、です。私は行っていません。
「打ち上げ公演」に行かなかったのは、地震のせいではなく、元々仕事のハズだったから。
実際には仕事の方が地震の影響でなくなっちゃってたから、当日券も出たみたいだし、行こうと思えば物理的には行けなくもなかったってオチがつきましたが……

さすがに、気分的にはまだ本数も限られている、しかもダイヤも怪しい電車に乗ってまで駆けつけたいとまでは行かなかったですね。
なにせ「ウェディングシンガー」と電車のダイヤには初演の時のトラウマもあるし(汗)。
まさかね、またああいう羽目に陥って、夫に迷惑をかけるには時期が悪すぎる。

ってことで、お留守番部隊でした。

タイトルからは話がずれるけど6月のドラロマWで観劇生活復帰!を目論んでいたのですが、どうしたものだかチケットが入手できず(涙)。
このままだと観劇生活の復帰は8月(三銃士)になりそうです。
上京は多分7月中にコンサートのチケットを取ってあるので、そっちで復帰になりそうですが。

さてと、いい加減、タイトルにあったことを書かなきゃ。

なんですが、ええ、正直なところかなり記憶が抜けてしまってます。

結構前方のセンターの席だったので、観劇中はとても満喫!だったし、ロビー(芳雄くん)とグレン(大澄賢也さん)がお札を捲くシーンでは2枚も手元に飛んできました(ああ、この観劇の数日前のブルーマンショーでも同じような席で、そっちは思いっきりバナナが飛んできたっけ(笑))。
お札は残念なことにキャストのサイン入りではありませんでしたが、でも、舞台から何かが自分に向かって降ってくるってのは楽しいです。(バナナは遠慮したいけど)

初演の日生劇場より舞台が随分小さくなって、奥行きも短いので、前方席で見ると本当に終始役者さんたちが近く、オーケストラからバンドに変わったのもあって、お芝居って言うよりショーと言うかライブと言うか、客席と舞台が物理的にも気持ちも一層近い感じになってた印象が残っています。
そして、相変わらずのバカバカしい予定調和の物語なんだけど、それがまた楽しくて、楽しくて。
うん、やっぱりこの作品は本当に気楽に楽しめて良かったな。

何より、元々2回の観劇を予定していたのだけど、ともかく1回は行けて良かった。それが最大の今回の良かったかもしれない。(今回は、チケットが払い戻せたので、ある意味前回より損害は小さいのですが(汗))

どうやらうれしいことには「再々演」も決まったらしいです。

今回、観劇した日はお芝居を観る前に古い友人とランチをしていまし。
その時に彼女も「ウェディングシンガー」に興味を持ってくれていて「まだチケットもあるみたいだから、時間があったら是非見てね」と話し、夏には「三銃士」を一緒に見に行こうねと約束をして別れたのです。
でもその後のあの地震。友人も実家がこっちにあって、色々とその後の出来事もあって見に行くどころじゃなくなっちゃったし、私の方も仕事のスケジュールが狂っちゃったので、彼女と「三銃士」を見に行く予定を組むのが難しくなっちゃったんだけど、「ウェディングシンガー」が再々演の暁には、ぜひその彼女を誘って見に行きたいと今から楽しみです。

でもって、再々演の時には自然災害に遭遇して、見に行く予定がキャンセルになることが無いことを心の底から願っています。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-27 12:49 | Theatergoing

kiss and ride

昨日、あの日以来初めて、夫が電車を利用しました。

あの日より前の彼の通勤は、朝は最寄り駅まで約30分歩いて行き、ひと駅5分を電車にのって、職場の最寄り駅からオフィスまでがまた15分ぐらい歩く、帰りは夜道が暗いのと、上り坂が厳しいので天気に関係なく毎日最寄り駅まで車でお迎えに行く、というパターンでした。

雨が降った日や普段はカジュアル通勤OKなのでスニーカーですが、革靴を履く必要のある日は朝も駅まで車で送って行ってました。

車だと片道8分ぐらいかな。でも、なんやかや準備して、駅に行って、戻って来てで2,30分の時間は使うことになります。
そりゃ、その時間が別なことに使えれば本当のところはありがたい。

電車が止まっていた約1ヶ月間は、夫はオフィスまでの往復を行きは下り道なので約1時間、帰りは坂がきついのでおよそ1時間10分ぐらいで歩いて往復していました。
雨の日もカッパを着て往復頑張ってました。

と言うのも、最初の2,3週間はガソリンの供給が安定していなかったので、車を極力使いたくなかったというのがあったし、いざ職場まで送り迎えとなると、特に朝は渋滞しているので時間的にはデメリットばかりになると言う問題がありました。

約2週間前に電車はとりあえず復旧したのですが、とはいえまだ5割ぐらいの本数です。
今は少し増えた見たいですが、朝、彼が使っていた時間帯の電車が見事に前後の時間が無くなってその1本だけになっていたので、こりゃ、どう考えても目茶苦茶混む、ってことでかかる時間だけで言えば10分違うかどうか、なのでいまだに結局徒歩通勤しています。
電車だと家を出る時間を1分単位でちゃんと管理しないといけないけど、徒歩だと数分のずれはどうと言うことないと言うのが、これはなれるとすごい楽なことだと発見したのはうれしい(?)発見。

帰路は、今週に入ってからは少し電車も落ち着いてきたらしいと言う話なので(復旧始めにいきなり大きな余震が続いて、運休続きだった(汗))、ようやく乗ってみようかと思い始めたようです。

で、火曜日にまずチャレンジしようと駅に向かったらしいのですが……35分の遅れ、といわれてがっくり……
友人が、電車を使って普段なら30分かからないぐらいの先にあるご実家(津波の被害に遭われました)の片付けをほぼ毎日のように手伝いに行っているのですが、その彼女に話を聞くと「うん、そんなもん。私、いつでも歩いても大丈夫なように、水とチョコレート持って乗ってるもん。最寄駅につくと、そりゃもうホッとするよ~」って話。

5分の乗車時間の電車でのちょっとの遅れであたふたするな、って話ですが(汗)、でもせっかちの夫が35分も駅で待てるわけもなし。それにホームにはどんどん人が溜まる一方なのは簡単に想像できます。
じゃあ、いつも通りそのまま歩いて帰ってもらえば?ってわけにはちょっとね。

と言うのも、職場の最寄り駅は職場から我が家と逆方向にあるんです……
30分分余計に歩けとは言えません、さすがに。

仕方が無いので火曜日は職場のある駅まで車で迎えに行きました。
片道20分弱かな。線路沿いの道を走って、結局電車に抜かされることはなかったので、迎えに行った方が確かに早くは帰宅でしました。

水曜日は定時退勤推奨デーなので、電車がとっても混雑することがこれまた容易に予想できたので最初からこれまで通りの徒歩退勤。

で、昨日の木曜日!
ついに、ついにですよ!彼が電車に乗りました。
でもって、最寄駅までのお迎えも要求されました。


結論を言えば15分の遅れでした。
第1報の10分遅れ!は家を出る前に受け取ったので、そのまま10分遅らせて家を出て、15分になったのは途中で聞きましたが、もう後戻りできませんから、そのまま駅で5分余計に待機。

結果として、オフィスを出て家に着くまでにかかった時間は歩くのに比べてわずしか短縮されませんでした。
まぁ、時間の短縮より体力(と靴底w)の温存だろう、って説はなくもないのですが……


ただね、こっからが私側の愚痴(?)

あのさ、お天気良かったら最寄駅から歩いて帰って来ても良くない?
いや、確かに、駅降りてから、うちの目の前が最後の難関のような急坂だから辛いのはわかるんだ。
でも、歩いて帰ってくる時もそこは越えてるわけだし、暗い夜道も意外に大丈夫って判っちゃったし(笑)。

ダメかなぁ~

ほら、せめて電車が頻繁に遅れちゃう間だけでもね?
だって、結構、その時間に振り回されるのって大変なんだよ……

そうだ、折衷案で坂のふもとのスーパーの駐車場まででどうだろう?
そしたら、そっちがちゃんとこっちの駅についたって連絡貰ってからでも間に合うしさぁ~~~

でもね、この1カ月、ずっと頑張って歩いている夫にはちょっとだけ言い出しにくい提案なのだ。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-22 09:47 | Scribbling

独り言

『キャンディード』の舞台がもう一度みたいなぁ。

再演、あるといいなぁ。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-13 14:22 | Scribbling
TVで専門家と言われる方々が「余震は本震が大きいほど、大きく、頻度は時間とともに減るけれど、その時間も長くかかります」って全然うれしくない話をしてくださっています。

それはそうだし、色々気をつけていなければならないことはたくさんあります。
先週の東北の大きな余震では、東北で再び停電になった地域も少なくなかったようですし、昨日の我が家に近い方での大きな余震でも、いわき市などはせっかく出るようになったばかりの水道がまた断水したようです。

他人事じゃなく、私たちもまだまだ油断することなく備えておかないといけないと思い知らされたここ数日です。

しかし、それはそれ、これはこれで、私の髪の毛は野放図になりすぎて、手入れの悪い犬のようになりつつあります。
来週には人に会う約束もあるし、5月には仕事も再開する予定です。
そろそろちゃんとしなくちゃね。
(実は先日、仕事関係の人に街で出会ったのですが、地震以降の動きやすさ重視の超カジュアルモードだったら、気がついてもらえなかったし(汗))。

ってことで、今朝、余震の余震がまだ続いてグラグラしているさなかでしたが行きつけのサロンに電話して、昼過ぎからの予約を取りました。

完全予約制なので客は私だけ。

地震以来初めてなので、まぁお互いにどう過ごしてたかや、こういうお仕事だもの水が出なかったら商売にならないよねなどとおしゃべりしながら、カットとカラーリングの施術をしていただき、いよいよカラーの薬剤をシャンプーで落もらっているその時、

ぐ~らぐらぐらぐら づら~~~~っ。
ぶ~~ぶ~~ぶ~~ぶ~~(携帯の速報、地震に追い付いていません)
ぐらぐらぐら

うぉ!
って思わず悲鳴出ちゃいますね。

割と短い時間だったのですが、揺れが収まってシャワー再開したらお湯がだんだん水に……

「あ~、ガスの安全装置働いちゃいましたね」
「ってことは、震度5ですかねぇ」

シャンプーは奥さんが、カット他施術のメインはご主人という夫婦で営んでいるサロンなので、シャンプー中には手の空いているご主人が外に出て安全装置を解除して来ました。
幸い、湯沸かし器がまた動き出して、ちゃんとシャンプーは流してもらえましたw

そうこうしている間に、ご主人がネットで確認したところ、震度5弱だったらしいです。

まったく油断も隙もないとはこのことか!?
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-12 15:35 | Greeting
母の誕生日を祝うのに地元のイタリアンを食べに出掛けてきました。
なんだかんだで、あの地震以来初めての外食です。

先月の終わりにお店を予約する時には、営業してるのかな?って心配もあったのですが、今夜行ってみたらこれがほぼ満席!

去年の母の誕生日も同じお店だったんですが、その時よりも、その後に職場の友人たちと食事会をした時よりも大繁盛w

良かった。
うん、良かった。

そして、おいしかったし、パパちゃんが珍しくいい子だったので(爆)、ホントに良い時間でした。

雨降っちゃったし、かなりカジュアルなお店だったんだけど、久しぶりにスカートを履いて、アクセサリーもちゃんとつけてお出かけしました。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-09 21:13 | Foods and Cooking
判らない状況に陥るのはお約束です。

地震の責任だけじゃなく、足の踏み場がない本部屋(ほんべや)こと書庫の整理に取り掛かることにしました。

もともと、今回の地震が無かったとしても、この春休みこそは手をつけなきゃならない腐海でした(汗)。
3月がなかなか暖かくならなくて、延び延びにしてたら、あの揺れ。

思ったよりは地震で落ちて来た本は少なかったし、書棚をすこし壁側に傾けるようにしたうえで、天板と天井の間にも本や資料を突っ込んでいたので、棚自体は傾くどころか、位置さえ動かずに元の場所にありました。

ともかく、この部屋の床を少しでも見えるようにするのが目的。
でも、今回のことで、やはり要らないもの、古いものは処分しよう!って意識は以前よりましているので、棚の中に納まっている物の見直しもしながらの片付けをしていました。

で、結果としてはあんまりはかどったようには見えない(汗)。
まぁ、明日も引き続き作業をする予定ですが、どこまで進むかな。

ところで、作業がそれほど進まない原因は誰もが予想がつくように、ついつい手に取って眺めてしまうからですが、今回、一番の発見(?)は友達の結婚式の写真をまとめた小さなアルバムでした。
自分のもそんなに見ないけど、とりあえず置いている場所はちゃんと把握してる。
でも、友人のとなると、そんな風に保管していたことすら忘れてました。

私が自分のカメラで撮影した物なので、私は移りこんでなくて、新郎新婦を中心にその周りにいた来客者でした。
それにしても、あれから軽くふた昔w
先日、その友人のお嬢さんが成人式を迎えて、振袖姿の写真を見せていただきましたが、こうしてみてみるとお母さん似のお嬢さんのようです。
友人の和装姿が、見せていただいた振袖の娘さんとよく似た雰囲気でした。

ってことで、明日もまだまだお片づけです。明日はマスクをした方が良いかな。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-05 15:56 | Scribbling

春はやってくる

近所のあんず並木の花がほころび始めました。
まだまだつぼみが多いけど、暖かい日に一気に満開になりそうです。

d0163216_2084483.jpg
d0163216_209491.jpg


そして、あんずの次には桜です。

大変な3月だったけど、春はちゃんとやって来ています。
電車ももうすぐ来るようです。
もしかすると桜より早いかな。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-04 20:10 | Greeting
3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:744ページ
読んでた本の数:1冊

▼読んだ本
坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)
乃木大将って英雄なんだと思っていたので、本の中での描写に驚きました。それと伊地知もひどすぎる。あまりのことに読んでいてイライラが募った。さらに現在の日本の災害への対処へと思いが重なり、正直つらい読書です。でも、続きを読みます。
読了日:03月27日 著者:司馬 遼太郎
麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
東野圭吾作品の中で加賀は気になる存在。『赤い指』を偶然読んでから、シリーズをさかのぼって読み、その後『新参者』本書、と進んで来ました。 とはいえ、特別に思い入れのある作家、作品ではないので気がついた時に読む程度。 今回は、たまたま電車内で広告を見つけて、そのあおり言葉に乗せられました。作者自身が加賀シリーズの最高傑作と言っているとの宣伝文句がありました。 う~~~ん、正直に言えばちょっと宣伝にあおられちゃったなぁ、って感じ。 面白くないわけじゃない。それが証拠に昨日の夕方に購入して、のべ3時間程度で読み終えた。だけど「最高傑作」と作者が自分で言ってしまうのはどうなんだか……人形町界隈のガイドブックとしては「新参者」よりも更に充実したと言えるかもしれません。
読了日:03月08日 著者:東野 圭吾
▼読んでた本
坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)
著者:司馬 遼太郎

読書メーター



少ないのは地震のせいばかりではありませんが、だけど、やっぱり地震の直後は、本を開いても活字が頭に入ってこなかったのも事実。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-04-03 16:12 | Books & Comic books