もりのくまの”M's Grab Bag”が「くまの雑記帳」で再出発。観劇記録、コンサートの記録、おいしいもの記録が中心の雑記帳です。


by a_bear_in_woods
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3週間経過

実際には転んだ日から数えると3週間半と言ったところでしょうか。

昨日の通院で添え木は外していいと言う許可をもらいました。
でも、まだ三角巾で腕を吊るしておくようにとのこと。
骨のヒビはレントゲンで見る限り、先週の時点ですでに綺麗に埋まって、ずれもありませんが、まだ強度が心配なのでまずは三角巾の中の範囲で少しずつ動かすようにとのことです。


えっと、でも実は先週末ぐらいから時々添え木も三角巾も外して過ごしていました(汗)。
今も、正直三角巾は無し。
とはいえ、できないことはやっぱりできない(涙)。

まずは、なによりまっすぐ伸ばすことはできません。
腕を力を抜いておろしても肘が曲がった状態で止まります。
重い物を持つこともできませんし、扉を手前に引いて開けるとか、蛇口のようなものをひねるといったことも無理っぽい。

曲げる方もある程度の角度の範囲に限られているみたいで、フォークやスプーンを使っての食事でも右手では口元に運ぶのが困難なので、今でも左手です。

一番問題が無いのはキーボードを打つことぐらいかと(笑)。(マウスはちょっと疲れる)

結局、3週間同じ位置に固定して、使わなかったことが大きく響いている気がします。
握力自体が落ちているし、見た目も腕に張りがありません。
う~ん、これを戻すのは去年の足よりも大変なのかもしれないです。

脚も膝の痛みを感じた時点からだと今回よりも長かったけど、全く動かせなかった日数はほんの数日で、立ってるだけでも自重を支えることで鍛えられたけど……

そうそう、やっぱりあまり動かない日々を過ごしていたわけだから、体重の増加も心配なところですが、まぁ食生活ががっちり管理されていたので(汗)、体重そのものの増加は今のところほとんどありません。
でも、せっかくここ数カ月で落としてきていた体脂肪率が戻っちゃった。
やっぱり右腕のなけなしの筋肉が落ちたよねぇ~
それに、外出しないことで脚だってね……

あ、それでも運転できないから病院へは片道4Kmぐらいを歩いて通ったんですけどね。(さすがに暑すぎる日は帰りはタクシー呼んだけど。)

ともかく、色々早く元通りに戻したいけど、不便だった時間以上に掛るかも、だわ。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-08-31 09:48 | Scribbling
1週間ぶりの2度目にして、痛恨の(?)My楽な『三銃士』観劇でした。
ええ、相変わらず右腕は固定ですが(汗)。

今回の同行者は夫。ミーマイの芳雄くん初演の初日以来にお付き合いいただきました。

この作品のキャストが発表になった時からのお約束の夏休みの観劇ツアーです。(本当は1泊2日を予定していたのですが、7月に色々と遊びすぎたので日帰りに変更になりましたが、濃い一日を過ごしたのはまた別な話です。)

週の初めごろから、殺陣シーンが多いロシュフォール役の吉野さんの脚の負傷が噂されていての公演でしたが、ヘビーリピーターや事前にその事情を知らなければ、特に不思議や不満はない舞台になっていました。
噂を聞いていたので、どうしても視線を彼の足もとに向けてしまうと、時折引きずる様子があったし、アクションも前回よりは控え目には感じられました。

キャストの負傷が影響しているのか、それとも楽に向けてのいろんな思いがあるのか、噂のアドリブ合戦(?)も控えめ。でも、この作品の観劇が全く初めての夫にしてみれば、なんの不満もなく、楽しめていました。

噂(?)と言えば、宝石箱のとりあいのシーンで、しばしば勢い余ってオケピに箱が落ちることがあったと聞いていたけど、残念ながら(!?)私がみた2回はちゃんと舞台上で収まっていました(汗)。
いや、そういうハプニングもちょっと見たかったかなぁ~って(笑)。

前回は1F前方のセンター付近(FCでとったので席は自分では選べなくて、ラッキーなチケットだったのですが)と言う、本当に迫力の席でしたが、今回は2Fの最前列。
こっちのチケットは席を選べる状況で購入したのですが、1Fの後方よりは2Fの前方の方が迫力があるし、舞台の照明などがきれいに見えるのでこちらを選びました。
あ、でもね、席に着いた瞬間にちょっとこれは欲張ったなと思いました。

いや、銀橋(エプロンステージ)を想定していなかったのですよ。
客席降りがあったら2Fはさびしいとは思ってたけど、ま、でも2回目だし、客席降りはあっても短いだろうと踏んでいたら、想定外(笑)の銀橋。
座ってみたら、私の背丈だと銀橋が見切れる!!(夫は余裕だよ、見えるよ、って)

ま、でも実際には足元が見えない部分が少しあるだけで、動き全体はちゃんと見えるので問題なしでしたが。

2Fからの舞台は予想通り、石畳を模した照明が美しかったりと、1Fとはまた違う良さを堪能できました。

そしてこの日の最大の(?)サプライズは、カーテンコール後でした。

募金活動のメンバーが前回と同じく三銃士のお三方が出ることになっていたので、残念ながら三銃士の豆知識コーナーには遭遇できず。
そうなるとやっぱり悪役コンビ+ダルタニャンの銀橋トークかぁ~、と思いながらも吉野さんは負担を減らすためには出てこられないよなぁ~、誰?誰が来るか?

と、思ってたらなんと、なんと、なんと!!!

枢機卿猊下が来ました!

これはびっくりでした。
あまりのことに、隣に夫がいることも忘れて
「レアだ、これはレアすぎる」とつぶやいてしまった(笑)。

ま、私のつぶやきなんて可愛いもんで、はっきり言って帝劇が揺れるかと思うほどの歓声というか、黄色い悲鳴でした。

あ~、芳2の貸切の時とのボリュームを比べて見たかったです(貸切に行けなかったんだ、今回。それはとても残念だったなぁ)。
1F席のお客様の中には銀橋に駆け寄った方も多数、どさくさにまぎれて手を出して触れていた人もいたなぁ(汗)。
うん、猊下のファンの多さと熱さを目の当たりに実感って感じでしょうか。

これもある意味貴重な体験でした(!?)。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-08-26 11:06 | Theatergoing
相変わらず右腕は固定されたままですが、この状態で2度目の上京をして観劇して来ました。
そうそう、誤解を生まないために一応お断りしておくと、一度の目の上京は仕事のプチ研修会というか、仲間でのマイクロ学習会でした。決して、某所でのイベントではありません(爆)。

さて、タイトルに戻ります。
今回の怪我とは全く関係なく、仕事や夫の休日のスケジュールの都合でずっとずっと見に行けずにいた『三銃士』、世間的には帝劇楽が視野に入ってきたこの時期ですが、マイ初日を果たしてきました。

今回は東宝ミュージカルは初めて、でもストレートプレイを中心に観劇は私なんか足元に及ばないキャリアの持ち主の友人が同行でした。

二人ともそれほどこの舞台に対してはそれほどの予習や予備知識もいれずに観劇したのですが、見終わって「贅沢だし、楽しいよね。サービス精神も旺盛だしね」って感想でまとまりました。

細かいことを言い出したら、いろんな突っ込みどころがある作品なのかもしれないけど、全体として初めてのお客さんを置き去りにするほどのマニアックさもないし、表面上の話の複雑さや大きなギャップもない、いろんなことが盛り込まれているのをテンポ良く流して行く感じで、笑いながら見ていくと最後に成長したダルタニャンの姿と絆を深めた三銃士の姿にジーンとする、って感じでした。

それにしても坂元さんは『キャンディード』に続き、怪演というか、キャラの作りの良さでいいところをがっつり持って行っていますね。もう、出てくるだけで笑っちゃう。
それにあの仮面劇の狂言回しも楽しいし、判りやすくて好きです。確かに2幕の最初はその部分が仮面劇?って感じかもしれないけど、舞台での限られた空間や時間で無理やり冒険の旅をしつこく演じるよりも、あのサラッと面白おかしく流しちゃった方がすっきりしていいな。
ま、確かに三銃士たちの見せ場が無いと言えないこともないけど(汗)。

でも、そんなことは小さなこと、と言いきれるぐらい三人のハーモニーが素敵でした。
うん、やっぱり男性の生み出すハーモニーって好きだなぁ、と改めて実感。

そしてアラミス!やっぱりいいなぁ~
「三銃士」の物語の中で常に出家を望み、俗世を忌む様子を見せながらも、その実、女性のことも大好きで(笑)、実に三人の中では一番策士でもあって、何処が坊さん志望だ!と言いたくなるあの矛盾をはらんだ性格が元々好きなんですがw、今回もやっぱりアラミス、良かったなぁ~
ハーモニーで高音を担当していて、その突き抜けた石井さんの声が良かったってのもあって、ますます、やっぱりアラミスでしょう、三銃士と言えば!な感が一層強まりました。

え、ダルタニャンはどうするんだって?ははははは、やっぱり『三銃士』の時代では経験豊富な三人の方がどうしたって男の魅力だわね(笑)。これはもう、物語の仕様だから仕方ないかと。
ただ、その一方でダルタニャンはただの田舎から出て来た一途な少年から国家や王様のことを思い、自分の思いを抑えて行動できる青年への成長を見せるわけだから、また別な魅力はあるわけで。

うん、なにはともあれ、楽しい時間が過ごせて良かったし、もう一度、見に行くのでそれが楽しみです。

さすがに、PCの入力も楽じゃないから、今回の感想はこんなとこ。
私にしては短い(笑)。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-08-19 13:43

ポタリング

1カ月ぶりに夫婦そろっての休日が週末に重なった。今日は朝から自転車散歩。
7時半ごろに家を出て、最寄りのマックで朝マック。
それから海水浴場を目指して自転車を漕ぐ。海の近くを走る国道を渡って、斜面を下って行くと空気に潮の香りがして来て、体感温度がぐっと下がる。
カーブを曲がったら、朝日を反射させる海面が見えた!
そのまま、ビーチ沿いを走って、と書くとかっこいいのだが、実はここでものの見事に転倒(汗)。
膝と肘を強打してしまいました(涙)。しばらくは膝と肘に青あざがにっこりっくっきりてことになりそうです。
途中図書館で休憩したり、ランチを食べたりで15kmは走ったかな?汗だくへとへとで、シャワーを浴びて、昼寝をしたところ。
そう言えば15年ぐらい前は真夏に日帰り往復70Kmとか走ったのになぁ。さすがに体力も筋力も落ちてるわ。

と、これで済む話なら良かったのですが……


なんと、問題の肘は打撲ではなく、ヒビと医者に言われ、有無を言わせず固定されました。

え~っ!!利き腕なんですが?
今週はまだ仕事があるのですが?

昨年に引き続き、家事放棄の夏になりそうです。
車も運転できないんで、本気で不便です。
今回はさすがに実家に内緒は無理かな(汗)。
[PR]
by a_bear_in_woods | 2011-08-07 16:41 | Scribbling